作家と楽しむ古典 古事記 日本霊異記・発心集 竹取物語 宇治拾遺物語 百人一首

池澤夏樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309729114
ISBN 10 : 4309729118
フォーマット
出版社
発行年月
2017年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
187p;19

内容詳細

可笑しい!エロい!グロい!古典ってこんなに面白い!「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」で新訳を手掛けた作家たちが語る、最良の古典入門ガイド。

目次 : 古事記―日本文学の特徴のすべてがここにある(池澤夏樹)(日本文学のはじまり/ 政治的な目的、文学的な喜び ほか)/ 日本霊異記・発心集―日本の文学はすべて仏教文学(伊藤比呂美)(古代の流星群/ エロ満載。生きるがまま、死ぬがまま ほか)/ 竹取物語―僕が書いたような物語(森見登美彦)(順番がまわってきた/ アホな男たちの勢い ほか)/ 宇治拾遺物語―みんなで訳そう宇治拾遺(町田康)(人と会えるような嬉しさ/ コツ1 直訳 ほか)/ 百人一首―現代に生きる和歌(小池昌代)(日本語の井戸/ 歌の花束、和歌の祝祭 ほか)

【著者紹介】
池沢夏樹 : 1945年生まれ。作家・詩人。88年『スティル・ライフ』で芥川賞、93年『マシアス・ギリの失脚』で谷崎潤一郎賞、2010年「池澤夏樹=個人編集 世界文学全集」で毎日出版文化賞、2011年朝日賞、ほか多数受賞

伊藤比呂美 : 1955年東京都生まれ。詩人・作家。99年『ラニーニャ』で野間文芸新人賞を受賞、2006年詩集『河原荒草』で高見順賞、07年『とげ抜き新巣鴨地蔵縁起』で萩原朔太郎賞、08年紫式部文学賞を受賞。15年坪内逍遙大賞を受賞

森見登美彦 : 1979年奈良県生まれ。京都大学農学部卒業、同大学院修士課程修了。2003年「太陽の塔」で日本ファンタジーノベル大賞を受賞してデビュー。著書に『夜は短し歩けよ乙女』(山本周五郎賞)、『ペンギン・ハイウェイ』(日本SF大賞)、『聖なる怠け者の冒険』(京都本大賞)などがある

町田康 : 1962年大阪府生まれ。作家・詩人・パンク歌手。97年「くっすん大黒」で野間文芸新人賞、Bunkamuraドゥマゴ文学賞、2000年「きれぎれ」で芥川賞、01年、詩集『土間の四十八滝』で萩原朔太郎賞、05年『告白』で谷崎潤一郎賞、08年『宿屋めぐり』で野間文芸賞を受賞

小池昌代 : 1959年東京生まれ。詩人・作家。99年詩集『もっとも官能的な部屋』で高見順賞、2010年『コルカタ』で萩原朔太郎賞を受賞。短編集に『感光生活』『悪事』『タタド』(07年表題作で川端康成文学賞)、長編に『厩橋』『弦と響』、14年『たまもの』で泉鏡花文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ちゃちゃ さん

    古典っておもしろい!今を時めく作家や詩人の方々が古典の新訳に挑戦した全集が、池澤夏樹個人編集日本文学全集。本書では、5人の訳者による苦労話もさることながら、日本文学の本質に迫る思いの丈が熱く語られる。古事記の昔から脈々と継承されてきた日本人の感性や美意識、人生観に繋がるものへの気づき。それを惜しげもなく披露されている。何よりも、古びた遠い古典の世界を、今ここに生きるリアルな人々の物語のように、生き生きとした言葉で訳出された姿勢に心打たれる。訳者の方々の個性的な解釈や文体が光り、全集への期待がふくらむ一冊。

  • 都わすれ さん

    池澤夏樹個人編集日本文学全集の訳者の講演録。翻訳の工夫、作品への想いが語られている。日本の古典がぐっと身近に感じ、現代作家の手で蘇った古典が面白く今も生きていることわかる。池澤さんの古事記は「なる」という動詞をキーワードにその世界観を語る。伊藤さんは性のダイナミックさ仏教文学の人間臭さを、森美さんは「竹と男のアホくささ」を書く作家と言い、町田さんは「昔の人に会える嬉しさ」を語る。小池さんは百人一首に言葉の奥深さ歌の魅力を述べる。「文学で日本人が歩んだ軌跡」を辿るこんなに面白いことはない。再読したくなった。

  • keroppi さん

    池澤夏樹個人編集「日本文学全集」次回刊行に時間があるので、現代語訳した作家たちの講演録を読んだ。古典を現代語に翻訳する作業が実に楽しく語られている。特に、伊藤比呂美さんの赤裸々な語りは、現場で聞いてみたかった。もう一度、訳文を読み返したくなった。

  • たんぽぽ さん

    ウン十年前は、国文科の学生だったんですけどね。 久しぶりに楽しく、古典に触れ合いました。 同じ言語を持つ単一民族が島国の中でずっと暮らしてきた。千年以上前の言葉が現在まで続いてきている(変化しながらだけどね…)というのはとても素敵なことだ。森見さんの竹取物語がとても楽しかった。竹取物語の講義を軽く流して、遊ぶことばかり考えていた自分に喝!だ。

  • ASnowyHeron さん

    原文の短い文章に込められたものが、こんなにも広がりがあるものなのかと感心した。ことばのもつイメージや雰囲気で作品の表情を追っていくことがおもしろい。教科書にでてくるような訳文を読んでも堅苦しいだけで、面白みのなかった古典作品も、こんな風に読めれば楽しい。古典の物語や和歌の世界観にはまりそうだ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品