司馬江漢 「江戸のダ・ヴィンチ」の型破り人生 集英社新書

池内了

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087210514
ISBN 10 : 4087210510
フォーマット
出版社
発行年月
2018年10月
日本
追加情報
:
317p;18

内容詳細

18世紀の江戸の町で破天荒な大活躍をした、知られざる「天才」がいた!

1700年代の時点で西洋画をマスターし、遠近法をいち早く取り入れるとともに油絵・銅版画の技法を日本で最初に確立した天才画家。
さらに、地動説を我が国で初めて紹介した科学者でもあり、ドナルド・キーン氏も絶賛する『旅日記』を著した文筆家。
そんな大天才・司馬江漢は、奇行を繰り返しては周囲の人々を混乱に陥れる、稀代の「変人」でもあった。
まさしく「江戸のダ・ヴィンチ」とでも呼ぶべき司馬江漢だが、生前の活躍と知名度に反して、今日ではほとんど知られることのない人物になってしまっている。
本書は、そんな江漢に関する種々の記録を丹念に読み解き、没後200年にあたる2018年というタイミングで、その破天荒な生涯の全体像を描き出そうと試みた一冊である。
彼が遺した絵画のみならず、スケッチや科学的メモなども選り抜いて掲載した、評伝の傑作。


【本書の内容】
はじめに
第一章  絵の道に入るまで
第二章  町絵師江漢の誕生と成長
第三章  旅絵師江漢
第四章  窮理師江漢
第五章  地動説から宇宙論へ
第六章  こうまんうそ八
第七章  退隠・偽年・偽死
第八章  不言・無言・桃言
おわりに


「江戸のダ・ヴィンチ」司馬江漢のエピソード一覧
●浮世絵・大和絵・南画(中国の絵画)を極めたのみならず、18世紀の時点で遠近法や油絵を習得した上に、銅版画や油絵の技法を日本で初めて確立した天才画家。
●「地動説」を我が国で初めて人々に啓蒙し、望遠鏡や顕微鏡を自作した科学者としての一面を持つ。
●書き残した旅日記はドナルド・キーン氏も絶賛。表現力に溢れた文筆家としての才能も。
●もう一人の天才・平賀源内との若き日の交流。
●長崎まで旅行を試みるも、あっちに立ち寄り、こっちでグズグズ……。おまけにたびたびホームシックになり、結局、到着したのは約半年後!?
●傍若無人な振る舞いが災いし、大槻玄沢をはじめ、当時を代表する蘭学者たちと仲違い・決裂。
●年齢詐称、鹿の生き血を吸って見せる、自ら「司馬江漢は死んだ」というデマを書いたチラシを配る……。周囲をたびたび驚かせた”奇行”の数々。


著者略歴
池内 了(イケウチ サトル)
1944年兵庫県生まれ。京都大学理学部物理学科卒業。同大大学院理学研究科物理学専攻博士課程修了。博士(理学)、名古屋大学名誉教授、総合研究大学院大学名誉教授。『科学の考え方・学び方』で講談社出版文化賞科学出版賞(現・講談社科学出版賞)受賞。『物理学と神』『宇宙論と神』『科学・技術と現代社会 上・下』『科学の限界』『現代科学の歩き方』『科学者と戦争』『科学者と軍事研究』など著書多数。

【著者紹介】
池内了 : 1944年兵庫県生まれ。京都大学理学部物理学科卒業。同大大学院理学研究科物理学専攻博士課程修了。博士(理学)。名古屋大学名誉教授、総合研究大学院大学名誉教授。『科学の考え方・学び方』で講談社出版文化賞科学出版賞(現・講談社科学出版賞)受賞。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • スプリント さん

    詳しい経歴を知りませんでしたが、まさに江戸のダ・ダヴィンチと呼ぶにふさわしい多才の人でした。画家としての作品も西洋絵画のようで独特の空気感をもっていて好きです。

  • はちめ さん

    画家としての司馬江漢よりも窮理者としての司馬江漢に着目した本。このことは著者の経歴からして当然と言えば当然。したがって絵の図版にカラーがないのが残念ではある。 しかしこの司馬江漢という人物は大変な才人ではあったんだろうが、それを上回る俗物性で、仮に現代社会を生きたとしたら、マスコミの寵児になったり詐欺か何かで逮捕されたりとかするタイプなんだろうな。☆☆☆☆

  • belier さん

    印刷博物館の「天文学と印刷」展を見に行ったとき、江戸時代に西洋の天文学を紹介した人として画家の司馬江漢の作品展示があり印象に残った。すぐあとにこの本の存在を知り早速読んでみた。副題にあるとおり「型破り」の人物。「江戸のダ・ヴィンチ」ともあるが重厚な感じではない。俗臭芬芬たるところが魅力だ。こんな面白い人をメディアがなぜ注目しないのか不思議なくらい。著者はドラマになったら人気が出るのではと言う。同感だ。江漢の弱者への温かい目と反骨精神も素晴らしい。ここでも著者と自分は同意見。もっと注目されて欲しい本。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

池内了

1944年兵庫県生まれ。天文学者、宇宙物理学者。京都大学大学院理学研究科物理学第二専攻博士課程単位取得満期退学。理学博士。名古屋大学名誉教授。総合研究大学院大学名誉教授。『お父さんが話してくれた宇宙の歴史 全4冊』で産経児童出版文化賞JR賞、日本科学読物賞を、『科学の考え方・学び方』で講談社出版文化

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品