花咲舞が黙ってない 講談社文庫

池井戸潤

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065219430
ISBN 10 : 4065219434
フォーマット
出版社
発行年月
2020年12月
日本
追加情報
:
543p;15

内容詳細

東京第一銀行の花咲舞は、支店を調査する臨店グループの“狂咲”。
上司の相馬と問題が起きた支店を調査していく内に見つけたのは情報漏洩、裏金問題、行内政治などいくつもの不正。
ライバル行との合併問題も浮上する中、花咲の前に現れたのはあの男!?
たとえ同じ銀行で働く仲間だとしても、不正は絶対に許せない!

さらに、ドラマ「半沢直樹」後半で語られた、東京第一銀行と産業中央銀行の合併騒ぎの真っただ中にいた、東京第一銀行の花咲舞と、産業中央銀行の半沢直樹の真っ向勝負も始まる!

乱歩賞作家が描く、痛快連作短編集。

☆特別収録 「犬に聞いてみろ」

目次
第一話 たそがれ研修
第二話 汚れた水に棲む魚
第三話 湯けむりの攻防
第四話 暴走
第五話 神保町忌憚
第六話 エリア51
第七話 小さき者の戦い
解説  村上貴史

【著者紹介】
池井戸潤 : 1963年岐阜県生まれ。慶應義塾大学卒。’98年『果つる底なき』で江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。2010年『鉄の骨』で吉川英治文学新人賞、’11年『下町ロケット』で直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • タイ子 さん

    新装増補版が出たというので久しぶりに花咲舞を読んでみた。以前、ドラマも見ていたし文庫本も読んでいたのだが、今回一遍だけ特別収録があってそれもなかなかの面白さ。融資問題とかの不正は臨店の仕事で何とかなるが、組織の闇があったり政治が絡んでくるとさすがの舞もどうしようもなくただ歯噛みしながら成り行きを待つしかない。でも、正義は勝つ!半沢直樹もチラリと出てきたりしてお楽しみは用意されている。花咲ならぬ狂咲をあまり怒らせないように・・・。シリーズの新作期待してます、池井戸さん。

  • garakuta@寝る三時間前に風呂を浴びると良い睡眠 さん

    本日購読。テンポ良く快活に読めたので、面白かった。金融銀行の不正を暴く物語。

  • ドットジェピー さん

    ドラマ見てました。是非、ドラマの続編を期待してます

  • minu tanu さん

    中公文庫版に新作を付けて講談社文庫で出版。空飛ぶタイヤを読んだあとだけに薄っぺらい内容。ゲストの半沢が美味しいところだけ持っていった印象。新作もあまりの薄さに呆然。

  • べこ さん

    ☆☆☆☆☆

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

池井戸潤

1963年岐阜県生まれ。慶應義塾大学卒。’98年『果つる底なき』で江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。2010年『鉄の骨』で吉川英治文学新人賞、’11年『下町ロケット』で直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

池井戸潤に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品