この商品の関連特集

北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし 4 そして、愛しき日々

江本マシメサ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784800257413
ISBN 10 : 4800257417
フォーマット
出版社
発行年月
2016年07月
日本
追加情報
:
319p;19

内容詳細

第3回なろうコン大賞 金賞受賞作!
大人気「北欧」シリーズ、待望の第4弾!
一目惚れからのプロポーズ、一年間のお試し婚を経て、愛を確かめ合ったリツハルドとジークリンデ。リツ両親の帰郷、そして奇跡のような第一子誕生。二年前には想像もしなかった、二人の姿がそこにはあった。季節がめぐるように、家族の形は変化し、辺境の村にも新風が吹き込まれていく――狩って、採って、食べる。ただそれだけの、だからこそ愛しき大切な日常。リツとジークの愛あふれる日々は今日も続いていく。

【著者紹介】
江本マシメサ : 長崎県出身。2012年9月より執筆を開始し、「小説家になろう」にて発表。『北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし』で第3回なろうコン大賞金賞を受賞し、デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • まりも さん

    北国貴族ののんびりライフを描いた物語の最終巻。リツとジークの子育てや結婚式などを描いた話。ふー、これは本当に素晴らしい最終巻でしたね。どのエピソードも人と人との繋がりや温もり、愛情で溢れていて、読後はこちらまで幸せな気分になっちゃいました。リツとジークだけじゃなく、その周りの人々の幸せな姿もしっかりと描いてくれているのも嬉しいですね。安定の飯テロ描写もたっぷりだったし、本当に満足。表紙の通り、最高に幸せで素敵な物語でした。作者さんの次回作も楽しみに待ってます。

  • よっち さん

    新婚旅行を兼ねたジークリンデの里帰り&結婚式を終え、息子アルノーと共に辺境の地へ帰郷。リツハルドの両親も帰郷し彼も新たな挑戦を始める第四弾。愛を確かめ合った幸せな夫婦に息子が生まれたことをきっかけに、わだかまりを抱えていた家族たちと温かい交流を取り戻したり、新しい挑戦をするリツを家族で支えたり、周囲の人たちもそれぞれ幸せを見出し、そして読んでいて食べたくなるおいしそうな料理も満載のまるまる一冊本当に良かったなと思える幸せなエピローグでした。最後には表紙にいる二人の印象も大分変わりましたね。次回作にも期待。

  • あおでん さん

    ついにシリーズ最終作。辺境の村に戻ったリツハルド一家。ジークの実家での経験も踏まえ、新しい事業に取り組み始める。アイナとエメリヒも帰郷し、みんなが幸せに暮らす日々が続いていく…。おまけ話も充実しており、テオポロン一家がなぜリツハルドの家に来たかなども明かされる。心温まる、幸せな読書だった。

  • ぐっち さん

    お子たちが増えとる!結婚式に、家族との触れ合いに、若者たちの恋に幸せいっぱいの最終巻!なんといっても挿絵が好きです。ひとりひとりの性格が一目でわかる子供たち、4巻の移り変わりが麗しいジークリンデさん、そして妖精で狩猟民族なリツ。奇跡的なくらいキャラとマッチしてる。文庫から参入しましたが、こっちのイラスト入りで読了して良かった!

  • るぴん さん

    最終巻。結婚式を終え、再び雪国暮らしに戻ったリツとジーク。行方不明だったリツの両親も帰ってきて、家族5人での新たな生活の始まり。子育てに加え、養蜂を始めたり、食堂を開いたり、相変わらず目まぐるしく働く働き者夫婦。子どもも増えて、幸せは終わらない(*^^*)。おまけのルカとミルポロンの話、ランゴ家が極寒の地に流れてきた理由、リツの祖父の話が良かった。おじいちゃんの話にはうるっとした。甘々で幸せなシリーズが読めて大満足でした♫

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

江本マシメサ

『北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし』(宝島社)で2015年にデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品