鬼灯の冷徹 17 モーニングKC

江口夏実

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784063884265
ISBN 10 : 4063884260
フォーマット
出版社
発行年月
2015年02月
日本
シリーズ
:
追加情報
:
152p;19

内容詳細

毎度おなじみバカ犬・シロが虫獄卒の似髻虫に尻を狙われ、空前絶後の大ピンチ!十二巻以来の登場、懸衣翁は相も変わらず働かないのにピーチ・マキのサインはきっちりおねだり! そしてこれまで芥子にヤられてるだけだった分福茶釜が、芸達者ぶりを披露! 色々あるよ、十七巻!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 和夜 さん

    色の話。お香さんさりげなく鬼灯様に説明丸投げしてる(笑)でも確かに色を変えると気分を変わるなぁ。女性特有?鬼灯様は上下揃ってないのが好きなのね…覚えとこ(笑)分福茶釜さんは相変わらずかわいそう。3回目か…怒っていいと思う。シロ、ついにやらかした!むしろ今まで何もなかったのが不思議なくらい…。平等王紳士!すごっく優しい!平等庁ピックアップされないかなー。冠婚葬祭で休めない会社はブラックだと思ってる。訃報なのに「事前に言ってください」って…。この世は地獄です…。

  • ゆんこ姐さん@拒食中 さん

    相変わらずいらん知識だけはよく増える笑。個人的にシロが大好きなので今回も露出多くてよかった。でも尻の話は(;^ω^)あと西洋のゴーストの話も面白かった。

  • カッコー さん

    シロのお尻が!シロは辛かったろうけど笑ってしまった。いつかやらかすと思ってたがこんなことになるとは。アメリカン凶霊スカーレットのところにやってきた鬼灯とアヌビスコンビ、よく人間に見えるまでこぎつけたな。あとミイラに対してテンション上がる所とかが面白かった。春一と茄子の天才?コンビの競演はどんな化学反応が起こるのか嬉しさと不安が半々になった。 訃報に「事前に言ってくださいよ」は現代社会の闇深さを表してるな。

  • まりもん さん

    レンタル。色の話から下着にと話のずれかたが楽しい。

  • あかる さん

    相変わらずクスリと笑えて勉強にもなる。個人的には特殊繊維スーツ一択のシーンが一番ツボだったかな。もう一択を選ぶ勇者はいるのか。日本の伝統行事も大切にせねばと思った。それにしても、烏頭が何をやらかしたか気になる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

江口夏実

会社員生活を経て、2010年『地獄の沙汰とあれやこれ』がモーニングに掲載されデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品