畏悦録 水木しげるの世界 角川文庫

水木しげる

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041929254
ISBN 10 : 4041929253
フォーマット
出版社
発行年月
2007年07月
日本
追加情報
:
15cm,361p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Kavi さん

    妖怪なのか、物の怪なのか。水木ワールドを踏襲したホラー漫画。絵の不気味さもあいまって、なかなか強烈。水木しげるの漫画はちゃんと読んだことないことに気がついたわ。

  • kamome555 さん

    「心から怖がることを忘れた人間。これこそが畏悦録の示す本当の恐怖だろう」という後書きのとおり、ちょっと狂った状況なのにそうと分からなくなってしまっている社会や人間の怖さが描かれている。個人的な利益に向かって邁進するあまり畏れを忘れる怖さ。感覚が麻痺してないか、畏れるべき状況に「危ない」と言えているか…。『コケカキイキイ』は水木サンの言いたいことがよく伝わってくる短編。

  • noname さん

    海外怪奇小説・SFの愛好者ならば、これら短編の元ネタが何か調べてみるのも一興かも。ハーヴィーの「炎天」の翻案である「暑い日」は原作以上にラストが強烈だし、マシスンの"Blood Son"を下敷きにした不気味な表紙の「血太郎奇談」も、あのとぼけた水木タッチが見事にマッチしてて、原作以上に印象深い作品となっている。でも一番好きな作品は「コケカキイキイ」。今だからこそ、民衆はあの妖怪に共感を覚えるかも。

  • もっつマン さん

    怖いだけのお話かと思っていたら、水木さんの、今の社会について、訴えたいことが沢山伝わってきました。空気の魅せ方や、地面や家の壁などのテクスチャが全て統一して"何か居そう"な雰囲気を醸し出している所が、読み手を物語に入り込ませます。初めて水木さんの漫画の作品を読みましたが、もっと他のお話しも読んでみよう。と思えるそんな一冊でした。

  • ぴかてう さん

    鬼太郎を想像してると痛い目あう

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

水木しげる

1922年生まれ。鳥取県境港市で育つ。幼少時、近所に住む老婆『のんのんばあ』から不思議な話や妖怪の話を聞き、強い影響を受ける。太平洋戦争時、激戦地であるラバウル・ニューギニア戦線に従軍。爆撃を受け左腕を失う。復員後、魚屋、輪タクなどの職業を転々としたのち、神戸で紙芝居作家となる。その後単身上京し、貸

プロフィール詳細へ

水木しげるに関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品