この商品の関連特集

虹いろ図書館のへびおとこ 5分シリーズ+

櫻井とりお

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309028385
ISBN 10 : 4309028381
フォーマット
出版社
発行年月
2019年11月
日本
追加情報
:
283p;19

内容詳細

いじめがきっかけで学校に行けなくなった、小学6年生の火村ほのか。たどり着いたおんぼろ図書館でみどり色の司書、謎の少年、そしてたくさんの本に出会い、ほのかの世界は少しずつ動き出す!こころを彩る感動の物語。世界一美しいラストが、あなたを待っています。第1回氷室冴子青春文学賞大賞受賞作。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 寂しがり屋の狼さん さん

    帯が辻村深月さんヽ(*´∀`)ノ♪読んでみて納得しました。3つの選択肢の中で3番目を選んだ『ほのか』の決断に胸が痛んだよ(*T^T)【図書館の自由に関する宣言】…『子どもの行き場をなくし、追いつめろというのですか?』イヌガミさん素敵です(*^.^*)

  • ほんわか・かめ さん

    イヌガミさん、カッコいいです。偽善者ほど言葉が多くなるものです。多くを語らず、守ってくれる。対等に見てくれる。「どうだ、生きている間は読み放題だぞ」この言葉いいなぁ。スタビンズもなかなかいい青年に成長してたので嬉しかったです。

  • akiᵕ̈* さん

    転校先でいじめに遭い学校に行けなくなった6年生のほのか。学校へ行くフリをしてたどり着いたのはおんぼろ図書館。そこには体の半分が緑色をした司書のイヌガミさんや、謎の少年スタビンズと一見風変わりな人たちが。図書館に通い交流していく中で色々な本と出会い、視点が変わり一歩踏み出していく。イヌガミさんがほのかにかける言葉は、自分の居場所の見つけ方や、人との関わり方を優しく諭してくれる温かさに満ち溢れていた。ラストのスタビンズのプレゼントには、にんまり♡

  • はる さん

    これはおすすめ、素敵な作品です。いじめが原因で不登校になった女の子。逃げ込んだ図書館で出逢ったのは、少し風変わりな司書さんだった…。優しく切なく、胸に沁みるストーリー。司書のイヌガミさんが女の子に語りかける言葉の一つ一つがとてもいいんです。イヌガミさん自身も悲しみを抱えているにもかかわらず、前向きなのも素敵ですね。辻村深月さんも絶賛されたとか。なるほど。

  • ☆よいこ さん

    YA。児童書。6年生2学期に転校した学校で酷いイジメにあい、ほのかは学校から逃げ出した。毎朝ランドセルを持って家を出るが行き先は図書館。図書館には顔に緑色のアザがある「へびおとこ」がいたけれど、毎日やってくるほのかを「ショーネンヒッコー君」と読んで本を紹介してくれた。▽誰にでも居場所が必要。たくさんの本が登場して読んでて嬉しかった。読書は共通言語になりうるし、心を救うことができる。なによりほのかが勇気を持てたことが嬉しい。▽おすすめします。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

櫻井とりお

京都市生まれ。放送大学教養学部卒。都内区役所在職中、およそ10年間公立図書館で勤務。2018年第1回氷室冴子青春文学賞大賞を受賞、19年『虹いろ図書館のへびおとこ』(河出書房新社)で作家デビュー。20年度まで非正規職員として関東圏の公立図書館に勤めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されてい

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品