アンハッピー・ウエディング 結婚の神様 PHP文芸文庫

櫛木理宇

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784569768106
ISBN 10 : 4569768105
フォーマット
出版社
発行年月
2018年01月
日本
追加情報
:
317p;15

内容詳細

幼馴染の史郎を一方的に恋慕い、結婚を夢見る咲希は、ひょんなことから結婚式の代理出席者である「サクラ」のバイトをすることに。サクラを頼むだけあって、出席する結婚式はどこか不穏なものばかり。そんな中、花嫁の幽霊が出るという“いわくつき”の老舗ブライダル会館で問題が頻発することに気づいた咲希は、史郎とともに謎に巻き込まれていく。恋とオカルトが錯綜する、エンターテインメント小説。

【著者紹介】
櫛木理宇 : 1972年、新潟県生まれ。2012年、『ホーンテッド・キャンパス』で第19回日本ホラー小説大賞・読者賞を受賞。同年、「赤と白」で第25回小説すばる新人賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • よっち さん

    幼馴染の史郎を一方的に恋慕い、彼との結婚を夢見る会社員の咲希。そんな彼女が妹の紹介で結婚資金を稼ぐために副業で結婚式の「サクラ」のバイトとして働く物語。同じサクラの百合香とともに臨む憧れの結婚式場で次々と起こる略奪婚、歳の差婚、毒親といったワケアリ結婚式の数々。長年の片想いでずっと近くにいるのに、なかなか見えてこない史郎ことシロの本音。これでもかとばかりに結婚の現実が突きつけられて、頻発するトラブルからひとつの構図が見えてきて、それでも結婚に憧れる咲希の真っ直ぐな想いとその結末は心に響くものがありました。

  • Junichi Yamaguchi さん

    『永久就職』… 個人的には、らしくない櫛木さん。 少し偏りはあるが多種多様な挙式を楽しめた。 読後、心に残ったのはサプライズ、特にフラッシュモブには気をつけよう。。

  • 凛 さん

    長年拗らせている片思いの相手であり、幼馴染でもあるシロちゃんとの結婚資金を稼ぐために結婚式のサクラのバイトを始めた咲希。サクラが必要なだけに、どの結婚式もそれなりにワケありで、新郎新婦や御両家の形も様々だし、もちろんトラブルもたくさん。式場に幽霊が出るとの噂も絡めて描かれる人間模様は、この作者さんにしてはわりと軽めかな。もう少し重い方が好みではあるけれど、「結婚式」が舞台だからこれくらいでちょうどいいのかも。咲希の拗らせ具合もなかなかではあったけれど、幸せな未来が見えそうなラストだったので良かったな。

  • rin さん

    結婚式場のサクラのバイトって?半分くらいはバイトに対する興味が沸いて手に取った本。訳アリ続きのバイトは読んでいて面白かったです。衣装自前が大変そうだと思ったら、意外とたくさん持っていたのが驚き。幼馴染との関係もバイトの話も多少の中だるみはあったけれど、面白く読めました。最後の一件に関してはあまり納得いかなかったけれど。結果に行きつくまでが強引すぎるような…。シロちゃんの考え?がわからないまま読み進めていたけれど、最後においしいところを持っていかれました!

  • オスカー さん

    表紙がちょっと・・・だったけれど、内容は悪くなかった。少女マンガの夢見がちな部分と現実的な問題がうまく描かれていた気がする。結婚って本当に当人たちだけの問題ではないし、来賓のムダに長い挨拶とか見栄の張り合いとか。『Bの戦場』とは違いすぎる酷いウェディングプランナーとか・・・。ラストも「なんだ、案外似た者同士だったんじゃない!」なハッピーエンド(?)だったし。ドラマになったら面白いかも。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

櫛木理宇

1972年新潟県生まれ。2012年『ホーンテッド・キャンパス』で第19回日本ホラー小説大賞・読者賞を受賞。同年、「赤と白」で第25回小説すばる新人賞を受賞し、二冠を達成(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品