図説 本の歴史 ふくろうの本

樺山紘一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309761695
ISBN 10 : 4309761690
フォーマット
出版社
発行年月
2011年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
128

内容詳細

石に刻み、木や葉に書くことから始まった書物は、グーテンベルクの印刷術によってさらに大きく進展することになった。電子書籍の時代を迎えようとしている今日、書物の歴史を振り返る。

【著者紹介】
樺山紘一 : 1941年、東京都生まれ。東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。東京大学文学部教授、同文学部長を経て、東京大学名誉教授。国立西洋美術館長を経て、2005年より印刷博物館館長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 翔(かける) さん

    中世ヨーロッパの印刷技術や流通について知りたくて。この手の本は手元に置くだけで満足しちゃうことも多いのだけど、おもしろくて一気に読んでしまった(^^)大まかな流れをつかむには良い本だと思います。

  • テツ さん

    書物の歴史。手書き。写本。印刷と製本技術。人は知識を記しそれを伝え残すために力を費やしてきた。こんな平々凡々なイチプロレタリアートなぼくですら、好きなように本を手に入れて古今東西の賢人たちの思考に触れられる時代へのありがたさを痛いほど感じる。電子書籍が新しい書物の世界への扉へと誘ってくれているのだから食わず嫌いはせずにチャレンジしなければ、過去に書物を作り上げるために生きてきた名もなき人々に申し訳ないなと反省しました。

  • bonbon99 さん

    竹簡・木簡から電子書籍まで本の歴史をカラーで説明する本です。グーテンベルクの活版印刷が世界を変え、本が個人に届けられるようになりました。さらに電子書籍の発展で、省スペースで、本を後世まで永遠に伝えることができる革命が起こりました。ジョブズを代表する経営者が発明したタブレット・スマホを使って。この電子化の波はさらにうねりを加え、本の伝達手段を変えていくでしょう。

  • 刹那 さん

    読んだとゆうより、鑑賞したといった方が正しい…笑図説はやっぱり分かりやすくて素晴らしい〜\(^o^)/

  • 還暦院erk さん

    図書館本。精読。貴重な写真資料多し。でも難しい言葉も多くて電子辞書大活躍。木版印刷の「ひらがな続け字」が美しい…読めたらいいだろうと思って30年以上経つが…(泣)。西洋の写本の美しさにも驚いた。神様や王様の言葉を書き損じたりしたら首ちょんぱの時代だったのかもなぁ恐ろしや。本には沢山の人々の人生と叡智が詰まっている…。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品