記憶の遠近術-篠山紀信、横尾忠則を撮る 単行本

横尾忠則

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784875864127
ISBN 10 : 4875864124
フォーマット
出版社
発行年月
2014年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
115p;31

内容詳細

二人の巨匠が標した60年代末→70年代
撮りはじめてから、およそ半世紀。篠山紀信が撮り続けた横尾忠則の写真による自叙伝。

『横尾忠則 記憶の遠近術 篠山紀信』(1992年、講談社)から貴重な写真を厳選。その後に撮影された写真、関連作品などを加えた、展覧会出品作品*を完全収録。
*「記憶の遠近術 〜篠山紀信、横尾忠則を撮る」(横尾忠則現代美術館)

1974年初めてインドを訪れた際に撮影された写真と1976年「横尾忠則 そしてインド 篠山紀信」(銀座松坂屋)カタログ掲載の対談記事を特別収録。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • の さん

    篠山紀信が撮った横尾忠則の写真による自叙伝。三島由紀夫、川上哲治、高倉健等々、ページをめくるたびに出てくる昭和のスター達とのツーショットが、横尾忠則をただのデザイナーではなく、彼らと同じ昭和のアイコンたらしめる理由付けになっている。写真に添えられた横尾自身の解説文が、自身のポップセンスに彼らが与えた影響を物語っており、ポップアートは社会性・社交性が無くては成立しないのだ。篠山とのインド紀行文もサイケデリックで読み応えがある。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

横尾忠則

1936年兵庫県生まれ。美術家。69年パリ青年ビエンナーレでグランプリを受賞。現在はニューヨークのギャラリー、アルベルツ・ベンダを拠点に作品を発表している。95年毎日芸術賞、2001年紫綬褒章、06年日本文化デザイン大賞、08年小説集『ぶるうらんど』(文藝春秋)で泉鏡花文学賞、11年旭日小綬章、同年

プロフィール詳細へ

横尾忠則に関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品