ボクの妻と結婚してください。 講談社文庫

樋口卓治

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062930437
ISBN 10 : 4062930439
フォーマット
出版社
発行年月
2015年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
279p;15

内容詳細

余命6ヵ月の宣告を受けた、バラエティ放送作家の三村修治。ずっと仕事一筋、家庭は顧みなかったのに、今頭をよぎるのは妻と息子のこと。人を楽しませ、喜ばせ、笑顔にすることを考え続けた22年間の作家生活。その最後を飾る仕事相手は、家族だ。愛する妻に幸せな未来を残すため、修治は渾身の企画を考え抜き――そして決めた。妻の、最高の結婚相手を探す! 舞台化もされた感動の家族小説、文庫に登場!<解説:内村光良>

[著者紹介]
樋口/卓治
1964年、北海道生まれ。放送作家。『ボクの妻と結婚してください。』で書籍デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです

【著者紹介】
樋口卓治 : 1964年、北海道生まれ。放送作家。2012年、『ボクの妻と結婚してください。』で小説家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 小説を最初に書いた人にありがとう さん

    テーマは余命少ない放送作家とその家族の話で重たいテーマのはずなのな軽妙な話で終始笑いがあった。余命少ないなかで自分の奥さんの結婚相手を探すという突拍子もない話なのにいい奥さんと息子に何度も泣かされてしまった。見つけ出した結婚相手がいい人なのにどうしても納得が行かない気持ちがつきまとった。。自分のことではないのに嫉妬かな。この気分、東野圭吾の秘密を彷彿とさせた。話がホントに面白かったのは本物の放送作家が書いているからだろう。

  • ゆかり さん

    何を勘違いしていたのか、ノンフィクションだと思って購入。ノンフィクションゆえに、そりゃ感動的な話だろうと読み始め、少し読んだところで小説だと気付いたバカな私。ちゃんと文庫の裏に【家族小説】って書いてあるのに…。でも、ノンフィクションでなくても、感動した。病気のことを知らされて、夫が自分の代わりに婚活をしていたのを聞いた後、彩子がひとりの時に呟いた「普通でいいのにな…」って言葉に、涙。最後まで夫婦でいられたら、何も特別なことはなくていいんだよね。私も、夫と普通に笑ってずっと一緒にいたいと思う。

  • mincharos さん

    内容全く知らずに読んだけど、余命モノだったのかー。読みやすくサクサク読めて、余命モノなのに軽く読了。旦那が死ぬっていうのに、そんなすぐに再婚のこととか考えられないでしょーって思って読んでて、エピローグで安心した。彩子さんの愛情の深さに感動!「結婚」に関してもリアリティがあって、夫婦の二人の会話や距離感に共感。一人息子の陽一郎がパパとママのがんばりをちゃんと理解&尊敬していて、自分もがんばろう!と実行しているところがすごいなと思った。ほんと素敵な家族。息子と二人きりの散歩のシーンが泣けた。

  • りゅう☆ さん

    余命6ヶ月を宣告された45歳放送作家の修治が、残された妻のために妻の結婚相手を探す企画を立てる。病気のことも内緒で妻の代わりに婚活開始。いつも視聴者の立場になって楽しい番組作りを考えてた修治。婚活しながら色々な人との会話から彼の人柄の良さが滲み出てる。本当に余命半年なの?と思わせるほどのコメディタッチなのだが、彼の今までの何気ない一言や行動が様々な人の励ましになってたり、いつもユーモアを忘れず、妻の事を心の底から愛し理解してるのを感じたり、息子との叶わない夢を結婚相手に託す修治の思いに終盤は涙腺崩壊。→

  • キャプテン さん

    ★★★★★_「お気に入りサンの血啜りフェア後半戦」《ひこうき雲編》。ユーザー名通り、とても奥ゆかしいレビューのひこうき雲さん。余命半年と宣告された放送作家の、妻の新しい夫を探すために帆走するお話。泣けます。俺はあまり悲劇的なお涙ちょうだいが得意ではないけれど、この作品は本当に泣けます。というかさっきマジで泣きました。家族……妻……そのどちらもの言葉も、今の俺には「あい」にしか読めないよ。序盤の主人公に嫌悪感を抱いたとしても、必ず最後まで読みきってほしい。今この瞬間も限りある時間なのだから、力一杯、生きる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品