CD

日出処

椎名林檎

基本情報

カタログNo
:
TYCT60053
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
通常盤

商品説明

前作から5年半、事変解散から2年半、ついに待望の椎名林檎名義オリジナル・アルバムの発売が決定!

『日出処』(読み:ヒイズルトコロ)と名付けられたこの作品。全13曲を収録。書き下ろしの新曲7曲に加え、2009年来、数々の依頼に応え、発表してきたアルバム未収録のタイアップ作品が6曲という内容になっている。

「ありあまる富」(2009年TBS金曜ドラマ「スマイル」主題歌)、「自由へ道連れ」(2012年TBS系ドラマ「ATARU」主題歌)、「カーネーション」(2012年NHK連続テレビ小説「カーネーション」主題歌)、「いろはにほへと」(2013年フジテレビ系ドラマ「鴨、京都へ行く」主題歌)、現在もテーマ音楽としてオンエア中の「孤独のあかつき」(2013年〜NHK Eテレ「SWITCHインタビュー 達人達」テーマ音楽)、そして今年サッカーテーマ曲としてW杯開催を盛り上げた「NIPPON」(2014年NHKサッカーテーマ)といった、すでにお馴染みの楽曲たち。

一方の新録曲も幅広い音楽性に裏打ちされた、多彩な作品ばかり。そこから浮かび上がる、「日出処」というタイトルの意味と意義。椎名林檎最新モードの新録曲とともに、あらゆるシーンに寄り添った作家性が際立つ名曲たちを一堂に堪能できる内容となっている。

内容詳細

前作『三文ゴシップ』以来約5年半ぶり、2014年11月5日リリースのアルバム。「ありあまる富」「自由へ道連れ」「カーネーション」「いろはにほへと」といったドラマ主題歌やサッカーテーマ曲「NIPPON」のほか、多彩な新録曲なども収録した力作。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

予告編

このアイテムは予告編をご覧いただけます。
Movie 視聴方法は こちら

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
’14年発表。Kの歌詞が一部のネット・ユーザーから...

投稿日:2014/11/16 (日)

’14年発表。Kの歌詞が一部のネット・ユーザーから右翼的ではないかと批判されながらも、『日出処』というタイトルを堂々と掲げるブレのなさも素晴らしいが、“これぞ椎名林檎の真骨頂”と言いたくなる新曲も最高。歌謡曲、ビッグ・バンド・ジャズのテイストをたっぷり取り入れたバンド・サウンドのなかで、艶めかしさを増した声とノスタルジックなメロディが堪能できるのだ。そこから感じられるのは、昭和から始まった日本の大衆音楽--外国の音楽を吸収しながら独自に発展した--へのリスペクト。10〜20代の皆さんはぜひ両親、祖父母にも薦めてあげてください。

madman さん | 不明 | 不明

2
★
★
★
★
★
椎名林檎待望のオリジナル・フルアルバム、...

投稿日:2014/11/08 (土)

椎名林檎待望のオリジナル・フルアルバム、期待通りの出来映えで大満足。1曲目の『静かなる逆襲』からエッジ立ちまくりの切れ味の鋭さ!疾走感あるまっすぐなロックチューンあり、けだるいジャジーなアレンジのナンバーあり、『カーネーション』のような流麗なストリングスによるクラシカルテイストのナンバーあり、とリスナーを飽きさせない構成。レトロな雰囲気を出しつつ、時にねばっこく時に激しく時に可愛らしい、彼女独特の「林檎節」とも言うべき歌唱も痛快だ。ブルーレイ・ディスクによるMV集はさすがに画質・音質が素晴らしく、わざわざ選んで購入した甲斐があった。

金山寺味噌 さん | 愛知県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

椎名林檎

素直に生きるということの素晴らしさ、情熱をかたむければ何かは達成できるというある種、自己暗示ともとれる潔さをもったアーティスト・椎名林檎。創り出す作品ごとに賛否両論や、様々な憶測を醸し出す彼女は、ポップスターでありながら、ロックスターでもあり、天性の才能の持ち主でもある。好きなものを好きといい、嫌いなものを嫌いという。正直にはなかなか生きれない現代において、自分のやりたいことに信念をもって貫き通す

プロフィール詳細へ

椎名林檎に関連するトピックス

おすすめの商品