世界遺産 神々の眠る「熊野」を歩く 集英社新書ヴィジュアル版

植島啓司

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087204872
ISBN 10 : 4087204871
フォーマット
出版社
発行年月
2009年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
18cm,252p

内容詳細

世界遺産に登録されている熊野には、古来よりたくさんの人々が訪れてきた。その人気の秘密はどこにあるのか。各地の聖域を研究してきた宗教人類学者と地元出身の写真家が、熊野の本当の魅力を明らかにする決定版。

【著者紹介】
植島啓司 : 宗教人類学者。1947年東京生まれ。東京大学卒業後、同大学大学院人文科学研究科博士課程修了。NYのニューススクール・フォー・ソーシャルリサーチ客員教授、関西大学教授、人間総合科学大学教授等を歴任

鈴木理策 : 1963年和歌山県新宮市生まれ。写真家。東京藝術大学美術学部准教授。2000年第二五回木村伊兵衛写真賞。2006年第二二回東川賞国内作家賞、和歌山県文化奨励賞。2008年日本写真協会賞年度賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

植島啓司

京都造形芸術大学教授・宗教人類学。1947年東京都生まれ。宗教人類学者。東京大学卒業。東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了後、シカゴ大学大学院に留学、ミルチア・エリアーデらのもとで研究する。京都造形芸術大学空間演出デザイン学科教授。70年代から国内外で宗教人類学調査を続けている(本データはこの書

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品