続日本後紀 上 講談社学術文庫

森田悌

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062920148
ISBN 10 : 406292014X
フォーマット
出版社
発行年月
2010年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
森田悌 ,  
追加情報
:
15cm,430p

内容詳細

『日本後紀』に続く正史「六国史」第四。仁明天皇の即位(八三三年)から崩御(八五〇年)までを詳密に綴る。父嵯峨天皇が先鞭をつけた詩文興隆を始めとする王朝文化は一層華やいだものとなる一方、藤原北家が摂関家として権力を掌握してゆく…。平安朝初期繁栄期の理解に不可欠な重要史料の初の現代語訳。本巻は承和八(八四一)年までを描く。

【著者紹介】
森田悌 : 1941年埼玉県生まれ。東京大学文学部国史学科、同法学部公法課程卒業。専攻は日本古代史。文学博士。金沢大学教授・群馬大学教授を経て、群馬大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • feodor さん

    上巻では、仁明天皇の即位から承和八年(833-841年)までの記録。空海がちらりと出てきて、おおまだ生きていたのか!と思ったら亡くなった記事が出てきたり、あるいは藤原清河・阿倍仲麿ら在唐時に没した人の記録が列挙されたり、ということはあったけれども、平穏無事な日々が続く。とはいえ、地方政治の乱れだとか、盗賊の横行などはところどころにある。死亡記事は、割と美辞麗句な感じであった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品