すべての疲労は脳が原因 集英社新書

梶本修身

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087208290
ISBN 10 : 408720829X
フォーマット
出版社
発行年月
2016年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
190p;18

内容詳細

私たちが日常的に使う「体が疲れている」とは実は「脳が疲労している」ことを示す。疲労のメカニズムとは何か、最新科学をもとに解説。また真に有効な抗疲労対策、睡眠との関係なども提示する。


【著者紹介】
梶本修身 : 医学博士。大阪市立大学大学院疲労医学講座特任教授。東京疲労・睡眠クリニック院長。1962年生まれ。大阪大学大学院医学研究科修了。2003年より産官学連携「疲労定量化及び抗疲労食薬開発プロジェクト」統括責任者。ニンテンドーDS『アタマスキャン』をプログラムして「脳年齢」ブームを起こす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • YuriL さん

    寝ても疲れがとれず、原因不明の微熱が続くことがある自分。同じ姿勢で座ったまま何時間も仕事する生活で、脊髄はおろか脳まで壊してしまった経験のある私にとっては、あまりに思い当たる節がありすぎて、途中でおかしくなってしまった。運動して綺麗な筋肉をつけるならコレよ、と最近母に言われて鶏のささみや胸肉を摂り始めていたのだが、本書いわくこれは大正解らしい。お茶の香りは静岡出身にとっては生活の香りだし、最近飲み始めたレモンジュースとアップルサイダーのショットも正解ということで、これからは週末は出掛けないよう努めます。

  • よっち@疲れ目注意☆彡 さん

    厚労省の抗疲労プロジェクトリーダーによる疲労に関する研究。KAROSHIは英語圏でもそのまま使われており、オックスフォード英語辞典のオンライン版にも掲載されている、疲労大国ニッポン。私達がリフレッシュと称して行うことの殆どが、疲労回復法として誤っている。何もしないでダラ〜っとするのが1番良い。疲れたと思っても、体は感じるほどには疲れていない。運動で最も疲労するのは実は自律神経。疲労感は脳からの警告。疲労回復に最も適する食べ物は何と、鶏胸肉。ただし、調理法には注意。常識を覆す記述の数々。為になりました。

  • はたっぴ さん

    過日、免許更新時の視力検査が判定ギリギリだった。人間ドックでも違和感があったが、眼精疲労とのこと。仕事中はiPadを持ち、電車や徒歩での移動が多い。動き回っていても運動不足のようで至る所ガタついている。原因を知りたくて自分の体を理解するために読了。本書によると、全ての疲労は「脳の疲れ」が引き起こすそうだ。納得することが多く、今までうろ覚えだったあれこれが腑に落ちた。「ゆらぎ」や「緑青の香り」を取り入れて“自律神経の改善”に努めたい。短期旅行するよりも犬や猫のようにソファーで無防備に寝転ぶのがいいらしい。

  • Tsuyoshi さん

    疲労の原因のほとんどが「脳の疲労」特に自律神経の疲労のようで、睡眠、食生活、生活習慣、考え方など脳疲労しにくくするための生ポイントが分かりやすく書かれていた。睡眠をしっかり取って鳥の胸肉を意識して食べていこう。

  • もりやまたけよし さん

    疲れを感じているのは、果たして脳なのか?ふつうは筋肉とか目とか使っているところだろうという先入観があるので、ついついその部分だけをケアしがち。でも、脳があらゆる肉体の活動を牛耳っているわけで、そこが疲れているんだそう。脳だけをケアすればいいかというアドバイスはとてもためになる。疲れをとるためにやっていることが逆効果であることが多いというのには考えさせられた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品