敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法

根本裕幸

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784866670133
ISBN 10 : 4866670134
フォーマット
出版社
発行年月
2017年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
216p;19

内容詳細

心理カウンセラーのメソッドを短期間で習得できる!

目次 : 1日目 今の自分に意識を向ける/ 2日目 過去を見つめなおす/ 3日目 過去の家族関係を見つめなおす/ 4日目 自己肯定感を高める/ 5日目 自分のペースで人間関係を築く/ 6日目 敏感であることを強みにする/ 7日目 自分が本当にしたいことを実現する

【著者紹介】
根本裕幸 : 心理カウンセラー。1972年生まれ。1997年より神戸メンタルサービス代表・平準司氏に師事。2000年よりプロカウンセラーとして、延べ15,000本以上のカウンセリングと年間100本以上のセミナーを行う。2015年4月よりフリーのカウンセラー/講師/作家として活動を始める。著書、監修本の他、雑誌、読売新聞、毎日新聞等への寄稿、各種テレビ、ラジオへの出演、制作協力多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • あっか さん

    敏感すぎるとは自己否定が強い人。調子が悪いと特に自己肯定感が下がる自覚があるので手に取りました。自分の中の過去や感情が反応して、2日目項は読んでいてとても苦しくなり(でも過去と向き合うので必要不可欠なこと!)、4日目項はこれまた刺激され涙が出ました。7日間プログラムだけど、人によっては(わたしも含めて)2、3、5日目辺りで凄く時間がかかると思う。ここが引っかかってるんだなと知った上で今解決すべきかもう少し時間をかけたいか、選択肢が増えるだけでも気持ちがグッと楽になると思う。これがわたし、これもわたし。

  • そら さん

    同じような内容の本を何冊も読んだことがあるし、カウンセラーをしている人と話したこともあるので、ほぼほぼ知ってることばかりだったけれど、でも「その通〰り!」と大きく頷く。自分が実践することで、友達や子供に教えてあげたい。言葉で言うと上から目線で説教臭くなりそうだから。。(^^;)。「それでいい、それが私、それも私」「私は私、あなたはあなた」

  • Kentaro さん

    敏感な人が今の自分を見つめ、過去を振り返り、具体的に自己肯定感を高くする方法を身に付け、自分軸で他人と距離感をつかむ方法を知り、敏感さを強みにして人間関係を構築していきます。そこまで進んだら、今まで人間関係がぎくしゃくしないように無理に合わせてきた行動を改めます。当然、結果ぎくしゃくして上手くいかない人間関係が露見します。しかしそれで良いのです。無理な関係は長続きしません。そして離れていく人の代わりに、自分の価値を見いだしてくれる人たちとの関係が生まれます。ここでも嫌われる勇気を持つことが大事なようです。

  • mami さん

    私って他人軸でしか生きてきてないなーと実感。セルフコーチングで何処まで自分軸に戻せるのか実践していきたい。そのきっかけ作りとしては最適な一冊。

  • きい さん

    最近は目にする機会も多い言葉ゆえにずっと気になっていた自己肯定に関して。1日ごとの章に分かれて自己肯定感をあげていくトレーニングを受けられる内容。2日目の過去の自分を見つめ直す、3日目の過去の家族関係を見つめ直す章で、このことが今の自分に繋がってたのか!という発見があった。周りを重視し、自分の気持ちほど無視しがちなので、今後は自分に正直に、自分を楽しませることに重点を置きたい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品