自然を生きる、自分を生きる

柳生博

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309027777
ISBN 10 : 4309027776
フォーマット
出版社
発行年月
2019年02月
日本
追加情報
:
157p;19

内容詳細

「多元的生活」「世代間格差」「地方と中央」「男と女」…。歳を重ねてなお輝く!人生の達人二人が、語り、笑い、問う名対談。

目次 : 1 似たもの同士の私たち(二人の出会いと「いい加減」な関係/ 「おまえ」という呼び方について/ 日本の地方ってどんな感じ?/ あなたの職業何ですか?)/ 2 第二の土地を見つけるまで(じいちゃんと孫の関係/ 八ヶ岳と鴨川に至るまでのドラマ/ 財布を持つ人、持たない人/ 自分の実力を確かめること)/ 3 これからの生きる力(大フウテン時代の到来/ 固定観念を外してみよう/ おしっこや糞は宝物/ 地元の人に教えられること/ 君たちはどう生きるか!)/ 4 年をとるのも悪くない(忘れられない先輩たち/ 昔のなぞのおっさんの正体は…?/ 新しいことを始めた人が時代を拓く/ 自覚症状のない二人)

【著者紹介】
柳生博 : 1937(昭和12)年茨城県生まれ。東京商船大学中退後、劇団俳優座の養成所へ。俳優業の傍ら、山梨県八ヶ岳南麓に住処を求める。1989(平成元)年に「八ヶ岳倶楽部」を開設。公益財団法人日本野鳥の会会長、コウノトリファンクラブ会長

加藤登紀子 : 1943(昭和18)年ハルビン市生まれ。1965年、東京大学在学中に歌手デビュー。「ひとり寝の子守唄」「百万本のバラ」「知床旅情」などヒット曲多数。映画『居酒屋兆治』『紅の豚』等に出演。千葉県で「鴨川自然王国」を家族と共に運営(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 里山輪太郎 さん

    八ヶ岳南麓に住む柳生博さん、鴨川に住む加藤登紀子さんの対談集。 田舎暮らしの魅力を語ってくれるのかな?と、思ったらちょっと期待外れでした。

  • Hideichi Sekiya さん

    自然を愛する芸能人同士の対談集、、、まるで戦友の様ですね(*_*;

  • peko さん

    うーん、わざわざ本にして出版する意味があるのか。お二人の取り組みや考えはおもしろいし、尊敬もする。ただ、内容があまりにも軽い。その場のノリや盛り上がりで言い過ぎだろうと思う部分、軽い発言が見受けられた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

柳生博

1937(昭和12)年茨城県生まれ。東京商船大学中退後、劇団俳優座の養成所へ。俳優業の傍ら、山梨県八ヶ岳南麓に住処を求める。1989(平成元)年に「八ヶ岳倶楽部」を開設。公益財団法人日本野鳥の会会長、コウノトリファンクラブ会長

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品