巴水の日本憧憬

林望

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309278247
ISBN 10 : 4309278248
フォーマット
出版社
発行年月
2017年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
128p;26

内容詳細

林望が選んだ版画家・川瀬巴水の作品40点を春夏秋冬に分け、それぞれを抒情あふれる言葉で解説した画文集。再評価が高まる巴水の詩的で静寂な世界へと誘う。川本三郎氏による特別寄稿も収録。

【著者紹介】
川瀬巴水 : 明治16(1883)年、東京市芝区露月町36番地(現港区新橋五丁目)に生まれる。明治23(1890)年、桜川小学校に入学するが、12歳の頃、眼病を患って、小学校を退学する。眼の養生をしながらも画家を志した巴水は、明治30(1897)年に自宅から近い芝神明町の川端玉章門下の青柳墨川の塾に入り、写生の手ほどきなどを受けるが、周囲の反対にあい画業を断念する。その後しばらく絵を描くこともなかったが、明治41(1908)年、25歳のときに鏑木清方の門をたたく。昭和32(1957)年、11月27日胃がんのため死去。享年74であった

林望 : 1949年東京生まれ。作家・国文学者。慶應義塾大学大学院博士課程満期退学。東横学園女子短期大学助教授、ケンブリッジ大学客員教授、東京藝術大学助教授等を歴任。専門は日本書誌学、国文学。1991年『イギリスはおいしい』で日本エッセイストクラブ賞を受賞、作家に。1992年『ケンブリッジ大学所蔵和漢古書総合目録』で国際交流基金国際交流奨励賞受賞。その後エッセイ、小説、詩、評論など多分野にわたって著書多数。『謹訳源氏物語』(全10巻・祥伝社)で毎日出版文化賞特別賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • keroppi さん

    テレ東「美の巨人たち」で取り上げていた川瀬巴水。その版画の美しさに目を奪われた。大正から昭和にかけて描かれた日本の風景。光と影、波のきらめき、風のそよぎ、雨の音。懐かしさ。本物も見てみたい。

  • Tadashi_N さん

    住んだことがなくても懐かしい風景。浮世絵と同じで技法で表現している。

  • 3月うさぎ ᕱ⑅ᕱ゛ さん

    大正から昭和初期の日本を描いた木版画家。川瀬巴水の生きた時代にも既に失われていく日本の情景があったんだなぁと感慨深い思いで頁を捲りました。それでも今は残っていない風景が多く、震災や戦争で失われた作品もある中、こうして昔の日本の情景を木版画を通して知ることのできる奇跡に感動します。東京も昔はあんな風景があったんだなぁ。林望さんの解説文も好きでした。

  • あまね さん

    正月に立川の高島屋で展覧会を見るまで、川瀬巴水という版画家は知らなかった。大正から昭和初期にかけて「新版画」といわれる版画を手がけたとか。近年になって評価されてきたようで、あまり画集もなく、図書館で新着として出てたのを借りられたのははタイムリーだった。郷愁誘う日本の風景に林望がエッセイ?をつけてる。(が、あまり文章読まず、絵だけ見た) 小林清親が好きなので、巴水の絵も、夕景や夜景が好み。井の頭や小金井など、知ってる土地の昔の風景も…。

  • yyrn さん

    吉田博の木版画は、登山家とか修験者でもなければたどり着けないような厳しい自然の先にある美しさや神々しさを感じさせ、思わず背筋が伸びるのに対して、川瀬巴水の木版画は、過ぎし日々の懐かしい日常と風景が描かれていて、心がゆっくりと癒されていくような優しさにあふれている。どちらも非凡な作品の数々だが、そんな違いを感じる。東京出張が当分ないので今夏の吉田博展は見られそうにないが、川瀬巴水の作品は生誕地の大田区立博物館に多数所蔵されているらしいので、いつか立ち寄ってみてみたいと思う。実に癒される版画の数々です。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

林望

1949年東京生。作家・国文学者。慶應義塾大学文学部卒、同大学院博士課程単位取得満期退学(国文学専攻)。ケンブリッジ大学客員教授、東京藝術大学助教授等を歴任。『イギリスはおいしい』(平凡社・文春文庫)で91年に日本エッセイスト・クラブ賞、『ケンブリッジ大学所蔵和漢古書総合目録』(P.コーニッキと共著

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品