他責病にサヨナラ ビジネスのリアル成功者に共通する自分をうまく責める技術

松本洋

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784789736398
ISBN 10 : 4789736393
フォーマット
発行年月
2015年03月
日本
追加情報
:
207p;19

内容詳細

数々の企業再建を果たしたトップコンサルトである著者のビジネス論を、現場の最前線で働く人々に向け、わかりやすく再構築したビジネス本!
【あらすじ】
高い壁に直面したとき、人はつい、自分以外にその原因を求めてしまいます。
「どうせムダだ」「頑張っても意味がない」
そうやって出来ない理由を述べたて、他者を責めることで行動しない自分を正当化する。それが、現代のビジネスシーンに巣食う「他責病」です。

しかし逆説的に、人はそうした病理を抱えながらも心の奥底では「良い仕事をして周囲に評価されたい」「働くことを通じて組織に貢献し、できれば自分も成長したい」と願っているもの。

本書は、数々の企業を再建に導いてきたトップコンサルタントである著者が「他責病」のメカニズムとその危険性を鋭く示唆。そして上記のようなビジネスパーソンの深層にある願いに「どう気付き、引き出し、活用するか」をテクニックとして記した一冊です。

複雑な経営学に根ざした論を、よりわかりやすく中間管理職、またこれから社会に出る新社会人にも伝わりやすいように、イメージイラストでの解説を添えて再構築。

働らくことに悩みあきらめてしまった人が自分を変革し、またあきらめに陥らないための「あたらしいビジネスの入門書」です。

【著者紹介】
松本洋 : APIコンサルタンツ(株)代表取締役社長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Taizo さん

    タイトルほど「他責病」にフォーカスした内容ではない。他責思考が蔓延る組織は伸び悩むということは大前提として、ではそのような組織の改革に必要なことを主に論じている。どちらかというと経営者や管理職向けの本。著者は、実際にその組織に入り込み実務を経験することで、現場レベルから経営を立て直すコンサルタントのようなので、その経験によっているのだと思う。個々人が少し高めの目標を設定し、それが組織の目標と噛み合っている時、その組織はハイパフォーマンスをするようである。自分の目標も見直そうと思う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

松本洋

1954年東京都目黒区生まれ。不動産会社、商社系マンション管理会社勤務。2005年マンション管理士事務所開業。松本マンション管理士事務所代表。所属団体、東京都マンション管理士会城東支部事務局長。資格、マンション管理士、管理業務主任者、宅地建物取引士、測量士補、2級FP技能士、甲種防火管理者、東京都マ

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品