この商品の関連特集

デート・ア・バレット デート・ア・ライブ フラグメント 5 富士見ファンタジア文庫

東出祐一郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784040731056
ISBN 10 : 4040731050
フォーマット
出版社
発行年月
2019年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
333p;15

内容詳細

辿り着いた第七領域から次の領域へ行くため、大金を稼ぐことになった狂三たち。カジノで荒稼ぎをするも条件クリアの金額には程遠く……。さらに狂三を足止めしたい四領域の支配者とポーカー対決をすることになり!?

【著者紹介】
東出祐一郎 : シナリオライター。小説、ゲームシナリオ、マンガ原作、アニメ脚本など、など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • サケ太 さん

    ギャンブルとミステリ。本当にいろいろなジャンルを混ぜてくるなあ。ラブラブな二人を見てるのは楽しい。

  • HANA さん

    今回はギャンブルとミステリ。ギャンブルはなかなかな展開。やっぱりギャンブル話とイカサマはセットというか。そしてまさかこのシリーズでミステリものとは。本格的ではないけれどシリーズっぽさがあって良かった。

  • skikku さん

    7の領域の話だからか頭脳戦よりなギャンブル&ミステリーの話ミステリーの最後はともかくいつものように戦闘での解決ではなくギャンブルでは心理戦で相手を出し抜きミステリーでは犯人探しをしながら女王の下僕の1人であるビショップを討伐をしながらも連合を阻止され引き分けかちょい敗北よりな感じかな。今回の見どころさんだったのは狂三が響の事をすっごく大切な相手だと思っていることがバレて可愛い反応をする狂三とその反応にびっくりして赤面する響でしたわw2人だけの空間が甘々しいわ〜。白の女王の寄生はやっぱり苦手だなー

  • ダイ さん

    今回は第七領域で前半はギャンブル、後半はミステリーという面白い構成でした。このシリーズは1巻ごとに舞台や行う事が変わるので新鮮ですね。また、狂三と響は更に絆が深まっていてますます良いコンビになってます。しかし、各領域の支配者とポーカー勝負をしたり退場者が出たりしましたし、白の女王との決戦も始まりそうなので物語も佳境に入ってる気がします。主役の狂三の正体や白の女王の事などが一番の謎なので、それらが明かされる時が楽しみです。次回は第六領域を飛ばして第五領域で戦いが始まるのでまたシリアスで血腥くなりそうですね。

  • 藤崎 さん

    今回は第七領域にて、ギャンブルとミステリの二段構え・・・混ぜるな危険って言いませんかそれ。そしてバニー三ちゃん降臨。さらに挿絵・・・バニーは尻! わかってらっしゃる!(うるさい黙れ)。つーか「このままでいい」展開には流石に吹いた。ところでなんとなくこう、着々と落とし穴が作られてる雰囲気というか、間違いないと確信していた大前提がひっくり返されそうな気配を感じたのですが考えすぎでしょうかねぇ。そしてなるほどやはりこの作品も「恋のお話」なのだなぁ、みたいな感じで、そろそろ終盤入りそうですが、どうなるのか期待です

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

東出祐一郎

小説家、シナリオライター。代表作「あやかしびと」(PCゲーム:企画・シナリオ)等(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

東出祐一郎に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品