消滅世界

村田沙耶香

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309024325
ISBN 10 : 4309024327
フォーマット
出版社
発行年月
2015年12月
日本
追加情報
:
253p;20

内容詳細

「セックス」も「家族」も、世界から消える……人工授精で子供を産み、無菌の家族をつくる、人間の本能の行方は? 日本の未来を予言と話題騒然! 『殺人出産』を超える今年度最大の衝撃作。

中村文則氏・岸本佐知子氏驚愕!

壮大な世界。でもこれは母と娘の物語ではないだろうか。
さすが村田沙耶香。この作家はすごい。−—中村文則

見たこともないほど恐ろしい「楽園」が、ここにはあります。 −—岸本佐知子

村田 沙耶香 (ムラタ サヤカ)
1979年千葉県生まれ。2003年「授乳」で群像新人文学賞優秀作を受賞。09年『ギンイロノウタ』で野間文芸新人賞、13年『しろいろの街の、その骨の体温の』で三島賞受賞。他の著書に『殺人出産』など。(河出書房新社HPより)


【著者紹介】
村田沙耶香 : 1979年千葉県生まれ。2003年「授乳」で第四六回群像新人文学賞優秀作を受賞してデビュー。2009年『ギンイロノウタ』で第三一回野間文芸新人賞、13年『しろいろの街の、その骨の体温の』で第二六回三島由紀夫賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • W-G さん

    日本養豚場化計画(笑)作者は同い年。私も子供の頃、キャラに恋する人間が周囲に出始めて「新しいな」と感じた記憶がある(セーラームーンが先駆か)が、作者も似たような原体験があるのだろうか。性の在り方や、人との繋がりを考えさせられるが、その裏に見える国や自治体の存在が恐ろしい。ほとんどの作家がネットの仮想現実で描こうとするような世界観を、リアルをベースにしているのが新鮮。人々の思想面は実は現実世界と似通った面も多く、その類似性が心憎いほどきいている。芥川賞、あまり興味なかったが掘り下げてみようか。

  • Yunemo さん

    著者作品初読み。夫婦でセックスするのが近親相姦、うーんと考え込む。いつの間にか性欲という本能が消滅、何のための男と女。やはり、異様な狂気の世界、でもこの世界が一般的なものなら、自身がはみ出し者に。何だかこの世界に毒されながら、現実を見てみると、草食男子の増加、少子高齢化世界へまっしぐら、これって作品上の異様な狂気の世界で解決できるんでは。こんな想いにかられます。男も女も均一に人類のための子宮、子供は人工授精で計画的に出産。本能がないのだから欲求不満に陥ることもなく、でもやっぱりつまらない世界。何が正常?

  • zero1 さん

    「クレイジー沙耶香」全開!もう恋愛や家族は必要ない?人工授精が当たり前の近未来の日本に希望はある?「殺人出産」を読んだ私は設定に慣れが生じていた。それでもディストピアを描いた本書は「コンビニ人間」と同じく「普通とは何か」を読者に問う異色の問題作。主人公の女性が母親との会話で示されているように、「何が正常か」は時代とともに変わる。人は完成形ではなく途中の存在だ。作品の中で夫との性行為は「近親相姦」になっている!ただ人工子宮は実現がまだ先だろうし、後半の駆け落ち以降は行動に説得力がない。

  • 抹茶モナカ さん

    価値観を揺さぶる作品。正常な感覚、発狂について、考えさせる。家族、セックスのない世界についてのディストピア小説。思考実験でもある。実験都市の千葉県に移住してからの世界観はものすごい。オリジナリティー溢れる作家さんだ、と、感心しました。

  • ナイスネイチャ さん

    図書館本。家族、夫婦生活の価値観がガラッと変わった近未来の話。アダムとイヴの逆っていうのが頭に残ってます。何とも言えない読後感がある作品でした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

村田沙耶香に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品