騎士団長殺し 第2部|上 遷ろうメタファー編 新潮文庫

村上春樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784101001739
ISBN 10 : 4101001731
フォーマット
出版社
発行年月
2019年03月
日本
追加情報
:
336p;16

内容詳細

4枚の絵が、新たな謎を語り出す。
ユーモアとアフォリズムに満ちた物語の行方を、
まだ誰も知らない。

森の小径を抜けて、絵画教室の少女と美しい叔母が山荘を訪れる。そして、4枚の不思議な絵がパズルのピースのように一つの物語を浮かび上がらせる。たびたび現われる優雅な銀髪の隣人、奇妙な喋り方で「私」に謎をかける騎士団長。やがて山荘の持ち主の老画家をめぐる歴史の闇も明らかになる。真夜中の鈴は、まだ鳴り止まない――。

【著者紹介】
村上春樹 : 1949(昭和24)年、京都市生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。’79年『風の歌を聴け』(群像新人文学賞)でデビュー。主な長編小説に、『羊をめぐる冒険』(野間文芸新人賞)、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(谷崎潤一郎賞)、『ねじまき鳥クロニクル』(読売文学賞)、『1Q84』(毎日出版文化賞)がある。短編小説集、エッセイ集、紀行文、翻訳書など著書多数。海外での文学賞受賞も多く、2006(平成18)年フランツ・カフカ賞、フランク・オコナー国際短編賞、’09年エルサレム賞、’11年カタルーニャ国際賞、’16年ハンス・クリスチャン・アンデルセン文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 本読みたぬき さん

    いつも通り、何がいいたいのかよくわからないけれど読み易くて引き込まれる。ただ、小説での村上さんは、意識高過ぎの団塊エロおやじ感が強くでているので、そこが私にはいただけない。エッセイやラジオでは、もっと素敵なおじ様なんだけどなあ。

  • ミッフー さん

    今頃気付いた👀主人公には名前が無い😱段々この小説の趣旨みたいなものが見えてきた❗️「身体はあくまで永劫である魂の借物、魂は時間と空間と蓋然性を超越するもの」要はこういう事が言いたかったのかな、村上さん🤔夢で寝ている元妻ユズを犯る主人公私。でもそれは幽体離脱と思われ、もしユズも主人公私を強く求めているならば、ユズのお腹の子は、肉体的には現彼氏との子ではあっても、精神や魂はユズと主人公私の子供だってか⁉️そこまで論じてるわけではないが、凄い凄すぎる❗️何だか変な宗教感に苛まれそうだけどやめられません😜

  • ふう さん

    絵画や音楽、料理、服装、移りゆく風景の美しさ。対照的な、蓋を外した穴から現れた闇の暗さと不気味さ。それらが交互に描かれているせいか、読む側も心のバランスを保ちながら静かに読み進めることができました。でも、その静けさの陰で謎はますます深まり、得体のしれない罠も用意されているようで怖くなります。ふうっとため息をついて、覚悟して結末の章へ。

  • おかむー さん

    1,2冊目で主人公と謎の資産家・免色を中心に物語を織りなす要素が出そろい、物語が大きく動き始めた「転」の3冊目。まぁ展開は興味深いから「よくできました」。不可解な存在「イデア」=「騎士団長」、免色の娘“かもしれない”まりえ、要となるかもしれない四枚の絵。とまぁ面白くなりそうな要素が詰め込まれてはいるのだが、相も変わらずの「常に一歩引いて他人事“ぶった”主人公」、「奥歯にモノの挟まった会話」、そこだけやたら生々しい性描写。今回も安定して俺の感性を逆なでする“いけ好かない”センスでしたとさ。

  • 白いワンコ さん

    分冊された3/4読了。戯言かもしれませんが、20代多くを読んだ村上春樹作品とここ十数年読んでいる京極夏彦作品。点対象のような存在だったのかしれない。この作品と「ヒトでなし」を読む限りは

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

村上春樹

1949(昭和24)年、京都府生れ。早稲田大学文学部卒業。 1979年、『風の歌を聴け』でデビューを飾り、群像新人文学賞受賞。

プロフィール詳細へ

村上春樹に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド