騎士団長殺し 第1部|下 顕れるイデア編 新潮文庫

村上春樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784101001722
ISBN 10 : 4101001723
フォーマット
出版社
発行年月
2019年02月
日本
追加情報
:
333p;16

内容詳細

騎士団長、登場!
謎と予感をはらんだ世界が、一気に動き出す――

その出現は突然だった。真夜中、主人公の前に顕れたのは「イデア」だった。イデア!? 
一度は捨てたはずの肖像画制作に没頭する「私」の時間がねじれ、反転してゆく。不思議の国のアリス、上田秋成「春雨物語」、遠い闇の中でうごめく歴史の記憶、キャンバスの前に佇む美しい少女――多彩な人物と暗喩とともに、物語はさらに深く、森の奥へ。

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

3.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
正直言ってあまり面白くもなく、この辺から...

投稿日:2021/04/14 (水)

正直言ってあまり面白くもなく、この辺から読むのが苦痛になってきました。 割とありがちな展開、陳腐な別離した親子のエピソード、相変わらずの必要性の乏しいセックス、など枚数を稼ぐため必要以上に薄めた感があります。

三浦大根 さん | 神奈川県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 本読みたぬき さん

    この主人公の画家は「永遠の80年代の30代」の作家である村上さんさんの分身ではないだろうか?そしてその絵画観は、そのまま村上さんの文学観でもあるにちがいない。絵画も文学も、芸術とは理屈を排除して「ただ、そこにあるもの」だ。村上さんが好きになってきた。女性観は嫌いけど笑。

  • みどり虫 さん

    昨夜夢を見た。井浦新(俳優)に「電話はしてもいい?」と聞いたら「電話もしないで」と冷たく言われて、彼は他の女性と楽しげに話し出す。"あぁ、そうだよね。もう終わりだものね。諦めなくちゃね"って悲しくて悲しくて苦しむ夢。これを読んで「突然で受け入れられない離婚というのはどういうもんなんだろう、◯子(そんな離婚を経験した友人)はどんな想いでその日々を乗り越えたのだろう」と考えながら寝落ちしたからかね…。「そうだぜ。そうに違いあらない」と騎士団長も言ってるな。やれやれ、こんなおもしろい所で第一部が終わりだなんて。

  • tokko さん

    第二部の文庫が届くのに合わせて読みました。だんだんと流れに巻き込まれていくにつれて、いろんな方面に枝が伸びていくようです。その枝があらぬところで繋がったり途中で切れてしまったり妙なところで妙なものが飛び出したり。まだ3巻は手元にあらないけれど楽しみです。

  • ponpon さん

    不思議な存在だった免色さんの思惑によりストーリーが膨らんでくるとともに、「私」に接触してきた理由、また騎士団長の登場によりサブタイトルの意味が明かされます。光から遮断されることで迫り来る死を意識するシーンは印象深いが、実際にどの様な感覚になるのだろうか?顕在化したイデアの言動はユーモラスで楽しいが、どういう存在か謎は深まるし、秋川まりえも不思議な人物。その他の伏線も撒かれ放題で、この物語がどのように展開するか見通せない。第二部の発売が待ち遠しいです。

  • 白いワンコ さん

    分冊されて1/4なので、感想めいたものはまだ。10代20代の頃のように、自分に必要な小説とは感じませんが、しっかり楽しめています

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

村上春樹

1949(昭和24)年、京都府生れ。早稲田大学文学部卒業。 1979年、『風の歌を聴け』でデビューを飾り、群像新人文学賞受賞。

プロフィール詳細へ

村上春樹に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド