イラストで読む 旧約聖書の物語と絵画

杉全美帆子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309256191
ISBN 10 : 4309256198
フォーマット
出版社
発行年月
2019年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
128p;22

内容詳細

旧約聖書のストーリーがわかると、西洋絵画鑑賞がおもしろくなる!名画の見どころポイントも満載の待望の一冊。

目次 : 『旧約聖書』とは?/ 第1章 創世の頃の物語/ 第2章 出エジプトの物語/ 第3章 士師の物語/ 第4章 イスラエル王国の物語/ 第5章 預言者の時代の物語

【著者紹介】
杉全美帆子 : 神奈川県生まれ。女子美術大学絵画科洋画卒業。広告制作会社、広告代理店でグラフィックデザイナーとして働く。2002年よりイタリアへ留学。2008年アカデミア・ディ・フィレンツェを卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 藤月はな(灯れ松明の火) さん

    意外とスキャンダラスで人間関係が入り組みすぎている旧約聖書をイラストで分かりやすく、解説。同時に宗教画の絵解きと描いた画家の背景の説明もなされていて楽しく、学ぶことができます。『アブサロム!アブサロム!』や『ジュゼベルの死』の題名の元ネタになった人物ってそんな人物だったのとか、モーセとカナン兄弟の関係性やソロモンが「後年は愚王」と辛口で紹介されていたりと目から鱗が落ちることばかり。

  • ちゅんさん さん

    海外文学はキリスト教の知識がなければわからないことも多いので聖書を読まずにキリスト教を学ぶという姑息な作戦の一冊目として読んでみた。もちろんこれだけでわかるはずもないがなかなか読みやすくて面白い。見たことがある絵画も聖書がモチーフになってるのも多くてビックリした。やっぱり知ってるのと知らないのとでは面白さが全然違うな。引き続きキリスト教(聖書)関係の本を読みやすそうなのから選んで読みます。

  • miyu さん

    私はキリスト教系の大学出身なので旧約聖書も一応は概論として基礎課程で修めてはいる。でも当時こんなに楽しく解りやすく学べていたら今とは別の道が拓けていたかもしれない(いや、それは無いか)いつものように上手いんだか下手なんだかイマイチ判断しかねるイラストに(笑)これまた恒例のセルフツッコミが随所に散りばめられていて楽しい楽しい。真面目で厳かなシーンの筈なのに堪えきれずに何度も声に出して笑ってしまった。それにしても作者は一体どれだけ旧約聖書を読みこんだのだろうか。頭が下がる。杉全さん最高すぎてハグしたくなった。

  • jamko さん

    杉全美帆子先生の〈イラストで読む〉シリーズ最新刊は旧約聖書!前作のギリシャ神話もそうなんだけど、そこらへん押さえておくかどうかで楽しめる名画はぐっと増えるように思う。落穂拾いの背景にそんな物語があるとは思わなかったな。こんど国立西洋美術館の常設展行くことがあったら参考書がわりにこの2冊持っていこうかな。

  • OHC さん

    「イラストで読む」シリーズは入門にやはり最適。肩肘張らずにさらっと読み通せるのが最大の魅力。軽いタッチなのに、要所をしっかりと押さえてるのが良い。古事記や他宗教、新約聖書等もっとシリーズをしてほしい一冊。★★★★☆4.5

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品