東大名誉教授がおしえる やばい世界史

本村凌二

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784478108581
ISBN 10 : 4478108587
フォーマット
出版社
発行年月
2019年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
184p;19

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • あっか さん

    やばい日本史に引き続き、新刊の世界史版も読了^^年表内に日本のこともチラッと書かれているので、世界でこれが起こっていた時日本はまだまだこんな感じだったのね!というのが分かりやすくて良かった!日本の偉人もヤバかったけど、さすが世界は世界レベル…^^;モーツァルトのヤバさ、全然知らなかった!検索してみたくなった…ようなならないような。笑 日本史より身近に感じられづらい世界史ですが、これなら子どもの食い付きも凄いと思う!ジョブズが出ているくらい最近のことまで書かれているので流れを感じられると思います。

  • masa さん

    これを読むと親近感湧いて覚えやすいです! 子供の時に出会ったらもっと世界史に詳しくなってたかも知れません!

  • ハレルヤ さん

    歴史は人でできている。そして人の本質は何千年前から変わらないことを学んだ。前世があるならば、今回学んだどこかの地域で直接関わっていたのだろう。何てひどいことをするんだろう、とてもかわいそうに…。他人事のようで自分事。自分の本当の姿に気づかされ、罪悪感の思いが湧いてきた。過去の全人類の人たちと共に、天国に立ち返らせていただきます。神様の子供として新しく生まれるために。

  • おこめさん太郎 さん

    日本史の方も読んだのでこちらも。偉大な人物の意外な一面が分かるのは日本史編とおなじなんだけど、帯でも売りにしているように、彼らがどういう時代に生きていたのか、簡単なあらましも分かるようになっていてこれが結構便利だった。大体の背景や歴史が分かるし、忘れていてもそういえばそうだったと確認できるので良かった。エリザベスの厚化粧が厚化粧すぎてこわい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品