人騒がせな名画たち

木村泰司

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784838730193
ISBN 10 : 4838730195
フォーマット
出版社
発行年月
2018年10月
日本
追加情報
:
168p;19

内容詳細

6万部超『世界のビジネスエリートが身につける教養「西洋美術史」』の著者が、名画の「秘話」を紹介します。●ナポレオンが乗っていたのは白馬ではなくラバ!?(ダヴィッド「サンベルナール峠を越えるボナパルト」)●ミレーが農民を描いたのは単なる「ジャンル変え」!(ミレー「種をまく人」)など、展覧会では決して知ることのできない、有名作品にまつわる制作秘話や後日談、驚きの話、悲しい話を全27話収録。作品の紹介を通じて美術界の実態、絵画のヒエラルキー、当時の政治や風俗にいたるまで、しっかりと学べる作りになっています。
この秋開催「フェルメール展」「ルーベンス展」で来日する作品も収録。本書でしか知ることのできない裏話もあり、展覧会をずっと深く楽しめるようになる一冊です。

【著者紹介】
木村泰司 : 西洋美術史家。1966年、愛知県生まれ。カリフォルニア大学バークレー校で美術史学士号を取得後、ロンドンのサザビーズ美術教養講座にて、Works of Art修了。エンターテインメントとしての西洋美術史を目指し、講演会やセミナー、執筆、メディア出演などで活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • どぶねずみ さん

    木村泰司さんって色んなラジオ番組に出演されている。拝聴するたびに美術館に足を運びたくなるし、ただ観るだけの観賞じゃなくて、どうしてこの絵が描かれたのかということを知ってから行くと一層面白く感じる。この本ではかの有名な絵画で、実はここに表向きに言えない理由があるんだよって、面白おかしく書かれている。ホントは愛人から振られたから、未練がましく描いたんだよとか(笑) 美しいとばかり思っていた絵が、ホントは差別社会を描いたんだとか。この著者の書いた本、全部制覇したいわ〜。

  • アキ さん

    何度も目にした絵にこんな寓意が秘められていたとは。表紙の「ぶらんこ」もグルーズの「壊れた瓶」も性的な暗喩があったんですね。純情そうな女性が実は淫乱という男性の願望の現れでしょうか。19世紀までアカデミアには女性は入会できなかった。現代のように女性画家が多いと描くテーマやタッチも違うように感じます。ルーブル美術館で予備知識なしに絵を見る多くの日本人とそんな教養が当たり前の西洋人とでは感じ方が違うのは当然なのでしょう。1枚の絵にまつわるそれぞれのエピソードを知ると絵画への愛おしさも違って感じます。

  • ♡ぷらだ♡ さん

    西洋絵画は、今までは、純粋に構図や色彩、微妙な筆使いなどの美しさを基準に鑑賞していたが、本当の意味で楽しむには、土台となる知識が必要であることがわかった。教義や物語、倫理観や思想などのメッセージを伝える手段が西洋絵画。例えば、ドガのバレエをテーマにした「エトワール」(踊り子)。文化の香りが高いとおもいきや、当時のバレエ界は上品とは程遠く、成金紳士が愛人を品定めに来るような場所だったそう。ゆえに観客のほとんどが男子。ドガはそんな現実を切り取ったというわけです。「美術は見るものではなく読むもの」ともいえる。

  • ユーカ さん

    サクサク読めます。絵画に苦手意識を持っている方には特にオススメ。著者の木村氏の講演に、男性の参加者が多いのも頷けます。国や時代によって、絵画はコマーシャル的な役割を持っていたり、はたまた啓蒙ポスターの意味合いを持っていたり。そのことが分かると、単に美しいだけ、描写や構図・技術が優れているだけのものではなくなり、評価の別の側面が見えてきます。理論的に絵画を見るということをはっきりと意識させられたのは、私にとっては初めての経験で、非常に興味深かったです。

  • 彼岸花 さん

    田舎に住んでおりますと、絵画鑑賞の機会さえなく終わってしまいます。特に西洋画に関しては、知識が乏しいので、解説本で、学習することが多いです。実物は最高ですが、「美術を読む」のも好きです。印象派の画家の作品が中心のようですが、絵の内容には構図、器物含め意味があり、読み取る知識があれば、もっと違った視点から観ることができ、良いのかな?と思います。画家という職業が不安定で死後認められるケースも多く、無念さが伝わってくるようです。亡き父は、芸術の楽しさを、折に触れ子供だった私に教えてくれました。感謝しています。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

木村泰司

西洋美術史家。アメリカのカリフォルニア大学バークレー校で美術史学士号をおさめたのち、ロンドンサザビーズの美術教養講座にて、WORKS OF ART修了。全国各地での講演やイベント、雑誌やテレビ・ラジオなど数多くのメディアで活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品