総特集 木原敏江 エレガンスの女王

木原敏江

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309278926
ISBN 10 : 4309278922
フォーマット
出版社
発行年月
2017年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
192p;21

内容詳細

漫画家生活48年間で初の丸ごと一冊総特集。木原敏江の至高の世界をとことん知り、堪能できる一冊! 2万字ロングインタビュー、スペシャル鼎談「木原敏江×青池保子×萩尾望都」、池田理代子、坂田靖子、松田奈緒子の寄稿など豪華絢爛。


●カラーイラスト60点以上収録
不朽の名作「摩利と新吾」「アンジェリク」「夢の碑」をはじめ、「天まであがれ! 」、ロマンスシリーズなどの愛らしい初期作から、最新作「白妖の娘」まで美麗カラーイラストを60点以上掲載。

●木原敏江 2万字ロングインタビュー
生い立ちから漫画家デビュー、そして現在に至るまで、表現者としての知られざる苦闘と想いを語った2万字インタビュー。

●スペシャル鼎談「木原敏江×青池保子×萩尾望都」
3人揃って会うのは今回が初! 共に少女マンガ界を牽引してきたレジェンドであり旧知の間柄でもある3人が、お互いについて思う存分語り尽くした超貴重スペシャル鼎談。

●マンガ2本を特別収録
超美麗カラーを完全再現した「封印雅歌」と「夢占舟」。圧倒的世界観を堪能できる極上短編2編を特別収録。

●寄稿マンガ
池田理代子、坂田靖子、松田奈緒子

●掲載誌でたどる「木原敏江 主要作品解説」
別冊マーガレット/週刊セブンティーン/週刊マーガレット/花とゆめ/ララ/月刊セブンティーン/プリンセス/少女コミック/ジュネ/プチフラワー/フラワーズ/レディース誌系/プリンセスGOLD

●年譜&全作品リスト
1968〜2017年の49年間に及ぶ全作品リストなど、データページも大充実。

【著者紹介】
木原敏江 : マンガ家。1948年2月14日、東京都目黒区に生まれる。1969年、集英社『別冊マーガレット』3月号掲載の「こっちを向いてママ!」でデビュー。70年代には集英社『週刊マーガレット』で活躍。小学館『プチフラワー』にて連載の“夢の碑”シリーズは、幻想ロマンの金字塔として第30回小学館漫画賞を受賞、少女マンガの枠を超えた壮大なスケールと美麗で洗練された世界観が高い評価を受けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • しましまこ さん

    実は坂田靖子先生の寄稿買いなんだけど、ロングインタビューも萩尾望都先生と青池保子先生との鼎談も面白くって一気読み!茉莉と新吾も夢の碑もリアルタイムで読んでたし号泣したし…色々よみがえる美しいカラーイラストの数々、萩尾先生のおっしゃる良い男祭り!「杖と翼」文庫版は160ページ加筆ですって!知らなかった。大好きな『封印雅歌』入ってます。

  • 還暦院erk さん

    本日書店で購入、家に帰るやいなや爆読読了。どのページも「うっきゃあ〜〜♡」と声に出したいほどハマって読んだ。オマケに蔵書を何冊も取り出してここぞというところを再読してまたうるうる。『日なたへ日かげへのロマンス』『愛しき言つくしてよ』『夢幻花伝』『頭文字(摩利と新吾2)』などなど、題名を思い出しただけで胸に迫ってくるものがある。美しい日本語と豊かな色彩感、無常の世を生き抜く人々の愛と情…木原漫画こそが、美と倫理と「古典のこころ」をガキのわたしに伝えてくださったのだ。木原先生ありがとうございます!

  • miicha さん

    大島弓子先生の時も思ったのですが70年代中盤から80年代中盤くらいの絵柄には魔力を感じてしまう。堪らない魅力。もっと沢山見たかったです。豪華メンバーによる鼎談もとても読み応えがあり良かったです。とりあえず夢の碑あたりから少しずつ集めていきたいです。

  • ミナ さん

    原画展に行きたいけれど行けない!地方住まいの悲しさよ……。摩利と新吾も夢の碑シリーズなど木原作品の美しさを堪能でき木原先生青池先生萩尾先生の鼎談まで!楽しくて仕方ない永久保存版の一冊だった。

  • モリータ さん

    青池保子先生、萩尾望都先生との鼎談はやはり面白かった(萩尾先生がデビューの早かった青池先生のアシスタントをしていたとか)。あと宝塚になるのはやはり特別、という話があってますます年始の『ポーの一族』を観に行きたくなります。とりあえず『アンジェリク』読みます。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品