サピエンス前戯 長編小説集

木下古栗

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309029085
ISBN 10 : 4309029086
フォーマット
出版社
発行年月
2020年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
330p;20

内容詳細

身長、寿命、インターネット、XVideos―21世紀、ピークに達したかに見える人間の能力と文化。だが、それはまだ前戯にすぎなかった。画期的人類史観を打ち立てる表題作はじめ長編3編を1冊に収録。

【著者紹介】
木下古栗 : 1981年生まれ。著書に『ポジティヴシンキングの末裔』(早川書房)、『グローバライズ』(河出書房新社)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ずっきーーーん さん

    なんで途中から二段組なんだろうって謎だった。そしたら「三編共にそれぞれ初回だけが新連載として掲載されました。その後の展開は書下ろしです」奥付横のこれよ。文藝も攻めますなあ。濃いので一編ずつ間を置いて読んだけど、ああ、文章に溺れる。ミクロ描写が、煌めく清流のように流れていく。格調高いまま、全力で下品へ向かう。『オナニーサンダーバード藤沢』の高い文学性とくだらなさの落差に身悶えてしまった。いやもう、面白かったよ。でもこれってアレだよね? 揶揄ってるよね? 苦手だったけど読めるかもしれない、ハルキ。

  • 蘭奢待 さん

    有名なハラリのサピエンス全史をもじったような奇妙なタイトルの本を図書館で見つけた。古栗(ふるくり)という人を食ってような名前の作家は初見。パラパラめくると表題作の他に、「オナニーサンダーバード藤沢」ん? そして「酷暑不刊行会」。こう展開されると本好きとしては読まずにいられない。それと明らかにわかる少しだけもじった固有名詞がたくさんでてくる。さぞかしクレームを受けたであろう。 少し吉村萬壱さん作品っぽく、ヤプー的なディテールの真面目さもある。とても面白そうだが、辟易としすぎて途中で放棄。機会があればまた。

  • おかむら さん

    木下古栗の新作。「サピエンス前戯」「オナニーサンダーバード藤沢」「酷暑不刊行会」の3作収録。どうですかこのタイトルのふざけたことよ。ホントに下らないダジャレをそれはそれはしつっこく格調高くしごく真面目に書いてるオカシサたるや唯一無二。そして「オナニー…」の村上春樹パロディは完成度のあまりの高さにニヤニヤ笑いが止まらなかったわ。春樹ファンは是非(ちょい怖いけど)。

  • tonpie さん

    全く未知の作家の新刊本を、店頭で即買い。こんなことは数年に一度しかありません。「サピエンス前戯」「酷暑不刊行会」という題名のセンスと、ハラリの超ベストセラーに似せたブックカバー。本に挟まった河出書房の「出版のご案内」には何と「サピエンス全史」の広告が入っている。え、同じ版元なの?(ざわざわ)これはSF?下ネタ?なにやら胸騒ぎしつつ読了しましたが、すごく良かった。新しい小説読んだって感じ。文体は端正かつオリジナルスタイルを確立していると思う。奥付の発行日は本日で、読書メーターの表紙画像も未掲載。なんか自慢。

  • ハルト さん

    読了:◎ 地に足ついたエロス感。さすが木下古栗。読むたびに、どんな顔でこの小説を書いているんだろうと興味が湧く。特にエロ版タイトル。確かにくだらないけど、あそこまで極めると天才ではと思ってしまう。発想自体はくだらないと一笑されかねないものだけれど、それを実行するのがすごい。真面目に(アホ)エロをやっているその姿勢がすばらしい。あと干し芋好きなので、食べるとき笑っちゃいそうで困る。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品