この商品の関連特集

文豪ストレイドッグス STORM BRINGER 角川ビーンズ文庫

朝霧カフカ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041085172
ISBN 10 : 4041085179
フォーマット
出版社
発行年月
2021年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
春河35 ,  
追加情報
:
472p;15

内容詳細

中原中也とは“何”なのか――? 今明かされる双黒の「十六歳」の物語。

太宰治とともに『荒覇吐事件』を終息させ、ポートマフィアに加入して1年。
幹部の座を狙う中原中也の前に現れたのは、中也を弟と呼ぶ暗殺王ポール・ヴェルレエヌだった!
「お前の心に関わる人間を、全員暗殺する」
彼の計画を阻止するため、中也は欧州の人工知能捜査官・アダムと手を組む。
それは横浜をふたたび呑みこむ嵐の予兆。
中原中也とは一体“何”なのか。射干玉の闇に包まれた過去の真実が今、明らかになる――!

【著者紹介】
朝霧カフカ : 愛媛県出身。シナリオライター。コミックス原作や、小説を手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • てんつく さん

    中也くんとアダムのコンビが楽しいけど内容はハード。中也くんの過去の秘密が満載。中也くん、お疲れでした。ヴェルレエヌとランボオの関係もウルッとくるものが。色々詰め込まれてて読み応え充分でした。

  • よっしー さん

    中也と太宰の若きマフィア時代のお話。中也は人間か否かという気になるところで終わっていた前作。ここに来てやっと解決と思いきや…な所はありましたが、読み応え抜群でした!!戦闘シーンの迫力も勿論あったのですが、読み終えてから一番記憶に残ったのは太宰とボスのやり取りの一部。「中也と心中する」というたった一言で太宰にとんでもないショックを与えると共に奮起させるボス、部下の扱い方が分かってますね(笑

  • Yuri さん

    少し前に読み終えてたのですが、自分の中で反芻する時間が必要でした。これまで書かれて無かった空白の時間を埋める中也16歳の出来事。 壮大ですごく切ない。途中、辛過ぎたけど、エピローグで救われる。 派手な動きを余す所なく書き上げる筆力は流石だと思いました。

  • みどり さん

    こんな本(ま〜、朝霧先生に失礼な描き方)なのに、結構感動しちゃったりして。 実はあれから1年しかたってなかったのね、とか、 マンガやアニメとメディアミックスが多いため時系列がわかりづらいけれど、好きだわ、中也くん。

  • 水面頼光 さん

    文庫シリーズ最長でかつ最高。一冊ほとんど中原中也で読みごたえ十分。470頁を一気に読んでしまった。敵も味方も魅力的なキャラばかり。この作者はキャラの設定が本当に旨い。是非ともアニメでみたい作品、むしろ映画の方が良いかも。ラストがとても素敵だった。それにしても太宰さんの最も強力な武器は異能無効化などではなくその知略。恐るべき16才。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

朝霧カフカ

愛媛県出身。シナリオライター。コミックス原作や、小説を手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

朝霧カフカに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品