早わかり!西洋絵画のすべて 世界の10大美術館

望月麻美子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784479304821
ISBN 10 : 4479304827
フォーマット
出版社
発行年月
2014年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
263p;15

内容詳細

あの名画がこの一冊に!迫力の120点掲載。ルーブルからメトロポリタン、エルミタージュ。フェルメールにもゴッホにも会える。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • リキヨシオ さん

    ルーブル、メトロポリタン、オルセー、プラドなど…来館者数、所蔵品数、人気度を考慮して世界の10大美術館を代表する100の名画を紹介!どこも人生死ぬまでに一度は行ってみたい…特にルーブル美術館!と思っていたけど、とんでもない!展示品3万点、館内全長約20キロ…とても1度で観覧できる量じゃない!だから今のところ本作で我慢!でもとても素敵な名画ばかりで楽しい時間を過ごせた!

  • ポタオ さん

    わかりやすくまとまっていて読みやすかったです。簡潔に作品の紹介もかかれていて勉強になりました。美術館行きたいなぁ。

  • あずさ さん

    ウィーン、プラド、エルミタージュとワシントン 残りの人生で間に合うだろうか。。 数え切れないほど行ったのはロンドンナショナルギャラリー。 子供時代に母と弟と休みの度に行った。タダなのも理由だろう。レースを編む女の小ささに驚きアルノルフィーニ夫妻が怖かった。今はネットでも鮮明な画像がある。展覧会もある。 でも私見では絵は当地で見るべき。。その大気の中で匂いの 中で会いたい。もう一度できればオルセーの「アブサンの二人」に会いたい。ドガの。

  • しーふぉ さん

    ルーブル美術館、メトロポリタン美術館、エルミタージュ美術館、オルセー美術館、ロンドンナショナルギャラリー、プラド美術館、ウフィツィ美術館、ワシントンナショナルギャラリー、ヴァチカン美術館、ウィーン美術史美術館の作品をそれぞれ10作品+他の美術館の作品を10作品紹介しています。この中でクリムトの接吻が今1番見たい!

  • Tosh!@既読本も登録中 さん

    これは便利。文庫で120点の作品がオールカラーで紹介される。しかも、世界10大美術館に収蔵されている作品。美術館毎に収蔵作品を紹介する。まず、美術館の概要を、続いて代表作を紹介して行く。またコラムとして、さらに10作品を紹介。740円という値段がまたいい。2ページ両開きで1作品を紹介。(コラムは1ページ) 本屋でこの本を手に入れた最大の理由は、ジョルジュ・ド・ラトゥールの作品を2点採り上げていたから。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品