介護の流儀 人生の大仕事をやりきるために

曾野綾子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309028033
ISBN 10 : 4309028039
フォーマット
出版社
発行年月
2019年05月
日本
追加情報
:
192p;18

内容詳細

義父母、実母、夫…。家族四人を見送った今、思うこと。「介護」を楽にする知恵と考え方!

目次 : 第1章 夫の介護(夫の介護人として―自分のことは自分でする、ということ/ 時に危険なジョークは頭を活性化させる―病人にも老人にも任務を与える ほか)/ 第2章 親との同居、そして看取り(贈られた時間―ミニ老人ホームのようだった我が家/ 老年の聖域―毎日、親たちの元気を見守るという喜び ほか)/ 第3章 介護を楽にする考え方(悪いこともいい―姑からの苛めが、人の役に立った瞬間/ 至誠不通―失意挫折を不運と数えてはいけない ほか)/ 第4章 友という最大の味方(隣席の人―友を作る才能/ 機嫌よくしていなさい―周囲の気持ちを楽にする徳の力 ほか)/ 第5章 老い、病、死(姥捨ての村―老いに毅然と向き合えない日本人/ 病気の縁談―「一生治りません。しかし死にません」は、いい病気 ほか)

【著者紹介】
曾野綾子 : 1931年、東京生まれ。聖心女子大学文学部英文科卒業。79年、ローマ教皇庁よりヴァチカン有功十字勲章受章。87年、『湖水誕生』で土木学会著作賞受賞。93年、恩賜賞・日本芸術院賞受賞。95年、日本放送協会放送文化賞受賞。97年、海外邦人宣教者活動援助後援会代表として吉川英治文化賞ならびに読売国際協力賞受賞。2003年、文化功労者となる。1995年から2005年まで日本財団会長を務める。2012年、菊池寛賞受賞。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • sachiko さん

    まだ介護には直面していないけれど、人それぞれ状況が違うので何とも言えない。

  • べんべん さん

    自分の手で食べる事、排泄する事、そして喋る事。老いた母に最後までできる事を減らして欲しくないと思った。遭遇するとは思えないが「凶器を持った犯人と向き合ったら、会話を続けるのがいい」という刑事さんの言葉は覚えておこう。

  • Akihiro Oosuga さん

    途中まで

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

曾野綾子

1931年、東京生まれ。聖心女子大学文学部英文科卒業。79年、ローマ教皇庁よりヴァチカン有功十字勲章受章。87年、『湖水誕生』で土木学会著作賞受賞。93年、恩賜賞・日本芸術院賞受賞。95年、日本放送協会放送文化賞受賞。97年、海外邦人宣教者活動援助後援会代表として吉川英治文化賞ならびに読売国際協力賞

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品