新選組興亡録 角川文庫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784043671021
ISBN 10 : 4043671024
フォーマット
出版社
発行年月
2003年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,446p

内容詳細

「誠」の旗印のもとに参集した男たち、「新選組」。京の治安を託された彼らは、不逞浪士の掃討に力を尽くし、最強の剣客集団として名を揚げる。しかし幕府は大政を奉還、新政府軍の東征開始で立場は逆転した…。「新選組」の魅力を余すところなく伝える必読のアンソロジー。

【著者紹介】
縄田一男 : 1958年、東京都生まれ。文芸評論家。専修大学大学院文学研究科博士課程修了。著書に『捕物帳の系譜』(1995年大衆文学研究賞)など。1991年に『傑作・力作徹底案内 時代小説の読みどころ』(角川文庫)で中村星湖文学賞受賞。大衆文学研究会、日本近代文学会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 財布にジャック さん

    恐れ多い程豪華すぎる作家さん達による、新選組ファン必読のアンソロジーでした。どれも味わい深く良かったんですが、特に芹沢鴨と一緒に殺されてしまうお梅さん目線のお話の北原さんの「降りしきる」や、沖田さんの妻と名乗るお千代さんが登場する国枝さんの「甲州鎮撫隊」が好きです。あ〜、でも土方さんの写真にまつわるお話を書かれた草森さんの「歳三の写真」も捨て難いです。そして、恥ずかしながら直木三十五さん初読みです。かの有名な直木賞という賞にまでなった直木さんですね。

  • Die-Go さん

    図書館本。表題通り新選組の興亡を様々な一流作家達が描く。司馬遼太郎と子母澤寛は既読。どれも興味深く読むことが出来たが、特に草森紳一による「歳三の写真」が土方歳三の箱舘における心の動きの機微を上手く表していて高評価。買っても良かったかも知れない。★★★★☆

  • ☆エンジェルよじ☆ さん

    司馬さん以外初読みの作家さんでしたが良かったです!「降りしきる」「甲州鎮撫隊」いいですねー好きです。「流山の朝」で近藤さんが着替えながら相馬に話をする部分もいいですねー勿論「歳三の写真」も捨てません(笑)どちらも人間味溢れる近藤&土方さん。クマに追いかけられている土方さんがめんこい(笑)

  • ロマンチッカーnao さん

    新選組に関する小説のアンソロジー。新選組好きにはたまらない一冊です。ところで、直木賞と言えば本好きなら誰でも知ってる、文学賞の最高峰。しかし、その直木賞の元となった作家『直木三十五』その作家さんの作品を読んだのは初めてでした。近藤勇と科学という短編が掲載されているのですが、面白い。読みやすい。すっと頭に入ってくる。ちょっと衝撃でした。今度直木三十五さんの作品を読んでみようと思いました。

  • taku さん

    色々な作家さんを一冊で楽しめるのが、アンソロジーのよさ。『降りしきる』お梅の情念は女性作家ならでは。女性たちの京言葉が、作品をより艶っぽくしている。『雨夜の暗殺』佐野七五三之助を中心にして、伊東甲子太郎暗殺への流れを描いているのが新鮮。『流山の朝』土方と袂を分かち流山に残る近藤。憑き物が落ちたように、サッパリとした心情の吐露が切ない。『歳三の写真』この土方もいい。司馬遼太郎の『燃えよ剣』とはまた違った魅力のある土方像。歳三の写真以外は短編で、物足りなさも感じてしまうけど、この四作はよかった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品