皇位継承 歴史をふりかえり変化を見定める

春名宏昭

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784634591189
ISBN 10 : 4634591189
フォーマット
出版社
発行年月
2019年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
117p;19

内容詳細

古代から令和まで―千数百年にわたる皇位の変遷からなにが見えるか?権力との関わり、国のあり方、皇位継承の真実を歴史に学ぶ。

目次 : 第1章 古代の皇位継承(令制以前の皇位継承/ 奈良期の皇位継承/ 平安期の皇位継承/ 院政期の皇位継承)/ 第2章 中世の皇位継承(院政期の皇位継承/ 鎌倉時代の皇位継承/ 南北朝・室町・戦国時代の皇位継承)/ 第3章 近世の皇位継承(天下人と上皇の時代/ 霊元と制度整備の時代/ 上皇不在の時代/ 幕末の皇位)/ 第4章 近代の皇位継承(明治天皇への継承/ 明治初年の議論/ 皇室典範の制定/ 皇室典範増補と臣籍降下/ 大正天皇と昭和天皇の継承/ 新皇室典範の制定/ 昭和天皇の退位問題)

【著者紹介】
春名宏昭 : 1960年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。現在、法政大学兼任講師、博士(文学)

高橋典幸 : 1970年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程中途退学。現在、東京大学大学院人文社会系研究科准教授、博士(文学)

村和明 : 1979年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。現在、東京大学大学院人文社会系研究科准教授、博士(文学)

西川誠 : 1962年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程中途退学。現在、川村学園女子大学生活創造学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • fs_htnk さん

    室町末期から江戸時代にかけての朝廷がどんな役割を果たし、どう継統したかは日本史ではほとんど学習しない(記憶がないだけか?)わけで、駆け足ではあるが、その辺りのまとめとしては十分。意外に明治の皇室典範にも興味深いものがあった。

  • 渓流 さん

    今後記事化される新聞記事を読むときの基礎知識の仕入れに読んだ。皇位継承は時代とともに一本の直線で進んできたのではなく、曲がりくねってきたことが理解できた。ただ、それが意図されたかどうかは不明だが、男系で連綿と継承されてきたことは事実。

  • ゆめかまこと さん

    一口に後を継ぐといっても、偉い人たちはいろいろ大変なんですね

  • TSUYOSHI さん

    江戸時代の光格天皇以来、約200年ぶりの譲位という歴史的瞬間を前に、古代から現代までの皇位継承のあり方を俯瞰した一冊。学者による論文が基になっているため、文章の体裁としてはどうしても硬さが拭えませんが、皇位継承に焦点を当てて歴史を振り返るという試みは画期的だと感じます。こたびの譲位にあたってはいわゆる「保守派」から「伝統」うんぬんの議論が持ち出されていますが、はるか神武の昔から今上の御代までを通観する本書は、皇位継承における伝統とは何かを考える際の一助となりうるでしょう。

  • あっちー さん

    図書館本 先日の平成から令和へのご譲位で色々解説されてたけど、古代から近代までをざっくりと解説されていて分かりやすかった。 教科書などでも武家社会になってからはあまり重要な項目にならないから、系図でみただけのお名前だったり。 時流に乗って変化しているなら、今後もまた変化ぎ必要になるのやも。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品