宝塚語辞典 宝塚歌劇にまつわる言葉をイラストと豆知識で華麗に読み解く

春原弥生

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784416516553
ISBN 10 : 441651655X
フォーマット
出版社
発行年月
2017年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
199p;21

内容詳細

宝塚歌劇にまるわるトップスターやスタッフ、公演、舞台や衣裳などの用語を五十音順に紹介。

目次 : 基礎知識編(宝塚ってどんなとこ?/ 宝塚といえば?/ どんな演目を上演しているの?/ どこで観られるの?/ 男役?女役?トップスター?/ 衣装がスゴすぎる!/ どうすれば宝塚に入れるの?)/ 宝塚用語集/ 1989〜2017本公演演目&トップスター任期

【著者紹介】
春原弥生 : 漫画家・イラストレーター。テレビ局AD、舞台裏方などを経て、派遣社員をしながら活動をスタート(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ねぇ むーみん、あっち向いてホイ! さん

    北川景子センパイがご推薦とならば、読まないわけにはいかぬ。みりお「こじらせ男子をやらせたら絶品、挨拶がスラスラ出てくるとホッとする」ちぎた「中学生男子」。月組アフロに「絆、絆!(ローマの休日ver.ベスパベスパ)」と小ネタ満載。歴代トート閣下の髪型の変遷も掲載。楽しかったー。堪能しました。

  • m さん

    読み応えたっぷり。宝塚初心者にはうってつけの一冊。よく聞く「エリザベート」「スカーレット・ピンパーネル」「ベルサイユの薔薇」は有名作品なのね。もう次の公演のチケットも押さえたし、沼にはまりそう(笑)2018年30冊目。

  • ねむこぞう さん

    「来週の月曜、旅に出よう!」 「あなたとご一緒なら、何処へでも!」

  • M a i n *゚ さん

    めっちゃ勉強になります。最近宝塚にハマったので、学ぶことが多い。

  • Ka さん

    図書館で借りました 宝塚ファンには、たまりません

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品