漫画家しながらツアーナースしています。 こどもの病気別“役立ち”セレクション

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087880380
ISBN 10 : 4087880389
フォーマット
出版社
発売日
2020年06月05日
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
192p;21

内容詳細

現役漫画家にして、修学旅行や林間学校に同伴する看護師、通称「ツアーナース」である著者が見つめた、こどもの病気の最前線。
ほっこり泣けて、役に立つハートフル・コミックエッセイです。

ウェブメディア「よみタイ」で大人気のコミックエッセイ第2集。
既刊の第1集以降の連載から、「ケガと消毒」「やけど」「嘔吐」「熱中症」「アトピー」「てんかん」「ストーマ(人工肛門)」など、「こどもの病気」をテーマにした回から、読者の反響が大きかった全17話をセレクション。

医療監修を担当する坂本昌彦氏(佐久総合病院佐久医療センター小児科医長/「佐久医師会 教えて!ドクタープロジェクト」リーダー)との対談コラムも掲載。
楽しく読めて、医療知識が学べ、ホームケアの助けにもなる一冊です。

<目次>
第1章「身近なケガや病気」編
明日のスタンダード/ホットなはなし/パーフェクト・ナース/命を守るための力を…/トイレ発の注意報/突然ですが! 

第2章「いろんな想いを持つこどもたち」編
あの子もこの子も/個性輝く未来へ/あの時 話してくれた君へ/できることできないこと

第3章「持病を持つこどもたち」編
グローイング・アップ/ジレンマを抱える君を/たくさんのせんたくし/心うごかす力/生きつづける君へのエール/でも見守っているよ/君のためにできること 

<著者プロフィール>
みん●漫画家・看護師。「漫画家しながらツアーナースしています。」のほか、過去作に『リヒト 光の癒術師』(小学館クリエイティブ)『Ming短編集』(ナンバーナイン)などがある。

【著者紹介】
明 : 漫画家・看護師。「漫画家しながらツアーナースしています。」などの作品がある

坂本昌彦 : 佐久総合病院佐久医療センター小児科医長。2004年名古屋大学医学部卒。2014年より現職。保護者の啓発と救急外来負担軽減を目的とした「教えて!ドクタープロジェクト」の責任者も務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • くさてる さん

    同じ題名の本を読んでいたので、あれ?と思ったけど、こちらは「こどもの病気別“役立ち”セレクション」ということで、別内容でした。そして、まさに役立ちと呼ぶにふさわしい細かい内容と、理解しやすい図解、具体的なエピソードが詰まっていて、とても良かった。感動的な話もあるけど、お涙頂戴的な内容ではなく、ツアーナースとしての職業的限界に苦しむ箇所などもあり、著者の誠実さが感じられました。良かったです。

  • 今庄和恵@神戸元町コネクトロン さん

    これは良書。子供に限らず持病がある人にはどんな気遣いが必要かということに意識を向けさせられる。修学旅行などに医療の専門家が同行しないのは恐ろしいことだと初めて気づかされました。先生に全てをまかせすぎ。

  • じょり さん

    時々ダークサイドを見せてくれるけど(笑)基本的に肯定的は対応をされていて、それにどんな子供に対しても「KAWAII」と思える生粋の人好きな看護師さん。命にかかわることは強い口調で言う必要はあると思うけど、(熱中症の話)基本的に相手の話を聞いてそれを受け入れてサポートしたいって思えるのがすごい。

  • ☆ミント☆ さん

    読了しました。 前作も読みましたが、今作は最後に病気・疾患別インデックスもあり、読み終えた後からも読み返しやすくなっていた点が凄くありがたいです。 ケガの処置の際には、どうしても"消毒"というイメージが強いのですが、今は洗い流してガーゼという方法が主になっていることを知れたことも勉強になりました。 子供の心や悩みについても触れており、参考になる本だと思いました。

  • むさみか さん

    そういえば 修学旅行など 泊りがけの旅行のときに 看護師さんが同行してくれてたっけ・・・ と 基本ケガも持病もなかったので おぼろげにしか知らなかった職業でしたが 同級生で病気がちだった子 アレルギーがあった子 教室になじめてなかった子 そんな子供たちの みんなと一緒に旅がしたい という気持ちを 陰で支えてくださってたんですね

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

漫画家・看護師

プロフィール詳細へ

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品