なぜ「偏差値50の公立高校」が世界のトップ大学から注目されるようになったのか!?

日野田直彦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784794605597
ISBN 10 : 4794605595
フォーマット
発行年月
2018年08月
日本
追加情報
:
254p;19

内容詳細

合格率1.9%。世界の難関、米ミネルバ大学の合格者を出した日本初の高校。

目次 : 第1章 子どもたちが直面する未来/ 第2章 箕面高校1年目のチャレンジ/ 第3章 箕面高校2年目のチャレンジ/ 第4章 3年目・4年目の箕面高校の変革/ 第5章 未来の学校はどうなる?/ 巻末 本書によせて

【著者紹介】
日野田直彦 : 1977年生まれ。帰国子女。帰国後、同志社国際中学・高校に入学し、当時の日本の一般的な教育とは一線を画した教育を受ける。同志社大学卒業後、馬渕教室入社。2008年奈良学園登美ヶ丘中学・高校の立ち上げに携わる。2014年大阪府の公募等校長制度に応じ、大阪府立箕面高等学校の校長に着任。着任後、全国の公立学校で最年少(36歳)の校長として改革を推進。着任3年目には海外トップ大学への進学者を含め、顕著な結果を出す。2018年より武蔵野大学中学校(現・武蔵野女子学院中学校・高等学校)の校長に着任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 虎哲 さん

    タイトルで誤解されそうだが、いかに成功したかではなく、どういう考えで生徒や教師と関わり、彼らがどう変わっていったかを記した本である。本書で出てきた好きな言葉はチーム、TTP(何の略か知りたい人は読んで)、対話型授業の原点回帰。この校長のサポートに、やりたいことを持っている先生(私とか?)、マインドセットを持った生徒が揃ったら「新しい学校」も夢ではない。説明会で仰っていた「日本一の国語教師」になることも実現するのだろう。近々著者である日野田先生とお話しする機会があるので私の思うところをぶつけてみようと思う。

  • sgmno さん

    今の教育業界は良くも悪くも大きく変化しつつある。ミネルヴァ大学からN高までこれまでになかった思想を持った学校が国内外に次々と誕生し、新しい教育の形を提示している。公立高校がここまでチャレンジングな改革を行うのは単純に面白いし素晴らしい。マインドセット、クリティカルシンキング。これは確実にこれからの未来に必要な力だと思うけど、現場に取り入れるのは本当に難しそうだ。きっと多くの学校で「マインドセットとは何か空欄を埋めよ」みたいな授業をやっちゃうんだろうな。

  • 志波昌明 さん

    戦後最大の教育改革と言われる昨今、全国でさまざまな取り組みがされている。作者が言うように、失敗を恐れていては成功はつかめないので、このような新たなことへの挑戦の記録は刺激的でした。何より作者がポジティブに仕事しているところが魅力的です。

  • Mark X Japan さん

    色々と考えさせられた内容でした。特に,補講(課外)の廃止・定時退勤の勧奨が大きいでしょう。生徒をインスパイアするのが,最も大切な教育です。また,生徒の自尊心を高めることも同時に行えると,さらによいでしょう。☆:4.5

  • まなびと さん

    「良い本だ!」と思うと読み途中でも周囲の家族、同僚にその本の良さを語りたくなってしまう。そのうちの1冊。民間人校長として36歳で赴任、職員に「困ってることはありませんか」と聞きまわる。トップダウンではなく、サーバントリーダーシップ。英語重点校にはなったが、まずは生徒のマインドセットを変えなければならないと日本語でクリティカルシンキングなどグローバルな思考を身につけさせ、多くの生徒が海外の大学に進学した。今の学校の仕組みを考えさせられる。そして学校は変えられる!実際に講演聞いてみたくなりました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

日野田直彦

1977年生まれ。帰国子女。帰国後、同志社国際中学・高校に入学し、当時の日本の一般的な教育とは一線を画した教育を受ける。同志社大学卒業後、馬渕教室入社。2008年奈良学園登美ヶ丘中学・高校の立ち上げに携わる。2014年大阪府の公募等校長制度に応じ、大阪府立箕面高等学校の校長に着任。着任後、全国の公立

プロフィール詳細へ

語学・教育・辞書 に関連する商品情報

おすすめの商品