君の名は。 角川つばさ文庫

新海誠

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784046316417
ISBN 10 : 4046316411
フォーマット
出版社
発行年月
2016年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
ちーこ ,  
追加情報
:
252p;18

内容詳細

私は三葉。山にかこまれた小さな町で、おばあちゃんと妹の四葉と暮らす、ごく普通の高校生、のはずだった。そんな自分の人生がイヤになったある日のこと。「東京のイケメン男子にしてくださーい!」って神さまにお願いしたら、なんと、夢のなかで男の子になっていた!―だけどこの夢、リアルすぎるんですけど!もしかして私、本当に男の子と入れかわってる!?出会うはずのないふたりの奇跡の物語!小学上級から。

【著者紹介】
新海誠 : 1973年長野県生まれ。アニメーション監督。2002年、ほぼ1人で制作した短編アニメーション『ほしのこえ』で注目を集め、以降国内外で数々の賞を受ける

ちーこ : イラストレーター、デザイナー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 海猫 さん

    新海誠作品、これまでアニメを一本も見たことがなく、小説の方でもこれで初めて読む。映画の大ヒットを機会に手にとってみたら、とても面白い。文体のリズムが心地良く、比喩が巧みでユーモラス。まず小説としての魅力が溢れていることに好感。そして展開も興味深く、練った構想に感心。映像作家の余技的な雑さがなく気持ち良く読み終える。角川文庫版が売り切れのなのでつばさ文庫版を買ったら、イラストが豊富なのでライトノベル感覚があり楽しかった。新海誠、小説家としては他の作品も読んでみたい。監督としてはこれの映画をまず見てみよう。

  • あーさん☆秋ですし、「積読本」を減らしたい! さん

    こちらの方がルビが多いから小学生向け。

  • とも さん

    ★★★★★過去に数多あるある男女入れ替わりものの焼き直しとタカを括っていたら大間違い。何度も入れ替わりが繰り返えされる。それが、あるとき入れ替わりが起こらないなる事から、ストーリーは大きく転換してく。 導入は主人公2人の視点が1人称でとめどもなく入れ替わることでテンポ良く引き込まれ、徐々に間隔が伸びるに従い内容も深まる。 題名を聞いたとき、古臭い昭和のドラマを思い起こし引き気味だったが、最後にはこれしかないと。 薄い1冊に、恋愛もスリルもファンタジーもSFも凝縮された久しぶりに出会った完璧な作品である。

  • 万葉語り さん

    図書館の順番が回ってきてやっと読めた。それが起こったのはなぜかが語られないままに、不思議な現象が起こり完結する。君に出逢う必然性はどこにあったのか、不思議な里が起こしたファンタジーだとしたら彼が選ばれたのはなぜか。40分で読んだから読み飛ばしてしまったのかもしれない。2017-79

  • Tadashi_N さん

    青春タイムトラベルSFとしても、中々良い作品。元近所が結構ロケ地になっている。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

新海誠に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド