大学教授が、「研究だけ」していると思ったら、大間違いだ! 不人気学科教授 奮闘記

斎藤恭一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784781618784
ISBN 10 : 4781618782
フォーマット
発行年月
2020年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
256p;19

内容詳細

教授の仕事は、“研究”と“講義”だけではない。高校生や予備校生、さらには市民への“広報活動”の仕事。法人組織の一員として担当する“管理運営”の仕事。そして、研究に付随する、科研費の確保や産学連携、学生への生活指導や文章添削…。教授はただの研究者ではなく、“勤め人”であり、“教育者”である。

目次 : 序章 「大学崩壊」と嘆いても始まらない/ 第1章 未来ある高校生に必死でPR/ 第2章 市民にも「理科」に馴染んでもらおう/ 第3章 「学生指導」はテンヤワンヤ/ 第4章 大学という「組織」の経営は悲喜こもごも/ 終章 「研究」は一人では成し遂げられない

【著者紹介】
斎藤恭一 : 1953年、埼玉県生まれ。早稲田大学理工学部応用化学科卒業、東京大学大学院工学系研究科化学工学専攻修了。東京大学工学部助手、助教授を経て、2019年まで千葉大学工学部教授を務める。現在、早稲田大学理工学術院客員教授。専門は、放射線グラフト重合法による高分子吸着材の開発。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • trazom さん

    千葉大教授の著者は、高校や予備校に模擬講義に行ったり、市民講座に出かけたりと、大学のプレゼンスを高めるために血の滲む努力をされている。学内では、学生という「未熟者」と格闘し、教授会などの組織運営に翻弄され、そして、研究資金の獲得に汲々となる。そんな大学教授の悲しい生態を、面白おかしく綴ったエッセイである。「理系こそ国語と英語」という先生の信念には賛成。でも、自らをサービス業だとし、ここまでして手取り足取り学生に阿っている大学の姿は、大学の権威と戦った世代から見ると、滑稽であり、また、悲しくもある。

  • 香菜子(かなこ・Kanako) さん

    大学教授が、「研究だけ」していると思ったら、大間違いだ! 。斎藤恭一先生の著書。斎藤恭一先生が研究者としても教育者としても広報担当者としても誠心誠意全力で奮闘されていることがわかる良書。大学教授というと高学歴で上から目線で偉そうな態度で研究や研究生活に没頭している世間知らず人間というイメージを持っている人もいるかもしれないけれど、研究や研究生活だけに集中できるなんて大きな勘違い。斎藤恭一先生のような大学教授が増えればそういう勘違いをしている人も減っていくでしょうね。

  • uniemo さん

    千葉大学は国立大学の中で志願者数1位とニュースで聞いた気がするのですがその工学部の中でも教授が学生集めに奮闘する不人気学科があることを知りました。著者は自分の研究にも産学連携や学生への指導にも熱心で良い先生です。浪人することも厭わず勉強だけではない高校生活をおくることが創造的な研究を産みだす強みとなり、就職にも繋がっていくというのは年を経た今だとよく理解できました。

  • キリル さん

    「大学教授」といえば白い巨塔よろしく、大学内にて大変な権力を持ち、研究、講義、(そして権力闘争)をしているとのイメージがありますが、本書ではほとんど聞かない広報活動や管理運営をどんなふうにしてきたのか大学教授であった筆者の経験談が書かれています。高校への出張講義の際に思ったことなどが大学教授らしからぬコミカルで軽い文章で書かれているので面白く読めました。文章のオチがなかなかでした。教授を含めて大学の先生が研究以外の仕事をどれ程こなし、またそれらの仕事をこなすのに汗をかいているのかを知ることができました。

  • ガラスのバラ さん

    千葉大学工学部機能材料工学科の斎藤名誉教授の現役時代の奮闘記。不人気学科らしく、学生獲得が課題で、それは高校生が千葉大学受験してもらえるかという所まで遡る問題だと。そのため高校を訪問し地道にアピールする事に取り組んでおられる。また学生に興味を持ってもらうための講義への準備も涙ぐましい。そのかいあって、ベストティーチャー賞受賞。いい先生じゃない。研究以外にこんなに精力的に取組む教授は少なかろう。研究以外はバカにしてやらないのが大抵の先生だ。科研費、共同研究も獲得しているからオールマイティーな方。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

斎藤恭一

1953年、埼玉県生まれ。早稲田大学理工学部応用化学科卒業、東京大学大学院工学系研究科化学工学専攻修了。東京大学工学部助手、助教授を経て、2019年まで千葉大学工学部教授を務める。現在、早稲田大学理工学術院客員教授。専門は、放射線グラフト重合法による高分子吸着材の開発。著書多数(本データはこの書籍が

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品