下北沢ものがたり

播磨秀史

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784401639403
ISBN 10 : 4401639405
フォーマット
発行年月
2014年03月
日本
追加情報
:
236p;19

内容詳細

目次 : 【主な内容】 / ●写真で見る下北沢今昔 / ●下北沢地上駅最後の日 / ●下北沢地図/年表 / ●下北沢の変遷 / ●下北沢という町の魅力を浮き彫りにする / リリー・フランキー/よしもとばなな/柄本明 / 金子マリ & KenKen/曽我部恵一 / 東方力丸(慢読家)/本多一夫(本多劇場グループ代表) ・・・他

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • おたか さん

    なかでも本多劇場の本多代表のインタビューが豪快で面白かった。勢いのある時代ならではのエピソード満載。

  • 小野島 大 さん

    世田谷線沿線に住む私にとっては、昔から近いようで遠い街・下北沢を、下北ゆかりの人たちが語る書。たった2年しか住んでいなかったリリー・フランキーのインタビューが冒頭に載っているのは、話が圧倒的に面白いから。ほかに本多劇場のボスのインタビューも興味深いが、下北文化論としてはフラッシュ・ディスク・ランチの椿さんの話が非常に面白かった。(続き)

  • 自称社長 さん

    下北沢の歴史が分かる本。劇場やライブハウスが多いことで全国的に有名な場所の為、ここに住むことに憧れる人が多いが、この本を読み「賃料が高くいかに住み辛いか」を知った方が良いと思う。ちなみに上北沢は下北沢からだいぶ離れているので、ご注意を。

  • あすこ さん

    資料として購入。わたしの地元なので書いてあることがほとんど理解可能という不思議な感覚。金子葬儀店はいま別の場所で営業しているのかー。そうかー。ところでシンコーはさ、パティボイドの自伝もそうだったけど、企画や内容はいいのに誤字脱字がかなり多い。本なんだからきちっと校正者いれたほうがいいと思うどー。

  • Hatsumi Sakoda さん

    世田谷に住みながらシモキタは近いようで遠い町なんだが、語り手の観点によって実は結構色々な表情が見えて面白いところなんだな、と。ただどの話にも共通して出てくる家賃の高さというところにシモキタ・ブランドともいうべきものが一人歩きしてしまっている現状も見えるようで。踏切がなくなったのに、駅周辺で遭難した身としては、再開発後、どうなるのか気がかり。ハリー、お疲れ様、GJ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品