今日から使えるヒップホップ用語集

押野素子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784905158479
ISBN 10 : 4905158478
フォーマット
出版社
発行年月
2017年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
184p;19

内容詳細

「フリースタイル」「ディス」「レペゼン」「ドープ」「ビーフ」……これらの言葉が持つ、真の意味とは?
ヒップホップの基礎的なスラングの意味と使い方を実例付きで紹介する、イルでドープなスラングのビギナーズ・ガイドブック。
フリースタイルでライムしたいMCも、リリックを深くディグしたいBボーイ&Bガールも必読の1冊です。
ワックな知ったかぶりとは今日でピース・アウト。ヒップホップ用語が、学校や職場など日常生活で大活躍します!

【著者について】
押野素子(オシノ モトコ)
翻訳家、ライター。青山学院大学国際政治経済学部卒業後、レコード会社勤務を経てハワード大学ジャーナリズム学部卒業。現在はワシントンD.C.に在住。訳書に『NAS イルマティック』(スモール出版)、『ヒップホップ・ジェネレーション[新装版]』(リットーミュージック)、『ファンクはつらいよ ジョージ・クリントン自伝 バーバーショップからマザーシップまで旅した男の回顧録』(DU BOOKS)、『JB論 ジェイムズ・ブラウン闘論集1959-2007』(スペースシャワーネットワーク)、『マイケル・ジャクソン裁判 あなたは彼を裁けますか?』(スペースシャワーネットワーク)など多数あるほか、ヒップホップ/R&Bの歌詞対訳も手掛けている。また、著書に『禁断の英語塾』(スペースシャワーネットワーク)がある。

JAY(ジェイ)
1984年生まれのファンク・マンガ・ライター。ヒップホップをきっかけに10代の頃よりブラック・ミュージックに傾倒。「ソウルの帝王」ジェイムズ・ブラウンをサンプリングしたマンガ『ファンキー社長』を自身のWebサイト(http://funky-president.com/)で公開して話題を呼んだ。

【著者紹介】
押野素子 : 翻訳家、ライター。青山学院大学国際政治経済学部卒業後、レコード会社勤務を経てハワード大学ジャーナリズム学部卒業。現在はワシントンD.C.に在住

JAY : 1984年生まれのファンク・マンガ・ライター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • スプリント さん

    日常会話でも結構使われているヒップホップ用語の語源がわかります。際どい意味のスラングが多いです。

  • ひょるひょる さん

    微妙。

  • 葛 さん

    2017年9月28日発行 第1刷発行 著者、押野素子 イラスト、JAY 企画・編集、三浦修一(スモールライト) 装丁、折田烈(餅屋デザイン) 監修・英文チェック、Amen Wilson、Dawn-Elissa Fisher 制作協力、中村孝司+室井順子(スモールライト) 校正、会田次子 営業、藤井敏之(スモールライト) 発行者、中村孝司 発行所、スモール出版 印刷・製本、中央精版印刷株式会社

  • minami さん

    題の通り、ヒップホップのスラングを解説した本。 それらに関する自分の知識がかなり曖昧なものだったので、勉強になった。 コミカルなイラストが多用されているけれど、文章のほうはかなり誠実で真面目。人種差別が絡むスラングや、侮蔑的なスラングの解説では、その言葉を安易に使わないよう読者に注意をするなどしていて、非常に好感が持てた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品