誰も語らなかったジブリを語ろう

押井守

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065249413
ISBN 10 : 4065249414
フォーマット
発行年月
2021年08月
日本
追加情報
:
288p;19

内容詳細

『風の谷のナウシカ』〜『思い出のマーニー』まで 
監督・押井守が語り尽くした痛快・ディープなインタビュー。
ジブリアニメをもう一度、見返したくなること必至!

世界中のアニメーションに影響を与えた“スタジオジブリ”を、これまた世界中からリスペクトされる監督・押井守が語り尽くして、メディアやアニメファンたちの間で大きな話題を呼んだ『誰も語らなかったジブリ語ろう』。

長らく入手困難だった本書が、増補版として待望の再登場!

およそ40年にわたって親交を結んできたスタジオジブリ・鈴木敏夫プロデューサーとの最初で最後の(!?)往復書簡、押井監督と長年タッグを組んできた盟友・石川光久プロデューサー(株式会社プロダクション・アイジー代表取締役社長)、スタジオジブリ等で長らくプロデューサーを務めてきた高橋望氏との本音がぶつかり合う鼎談を新たに加えた増補版です。

カバーイラストは『映像研には手を出すな!』『日本沈没2020』の監督を務めた湯浅政明。
聞き手・構成・文は映画ライターの渡辺麻紀


《著者情報》
押井 守(オシイ マモル)
1951年生まれ。東京都出身。
1977年、竜の子プロダクションに入社。スタジオぴえろを経てフリーに。
『うる星やつら オンリー・ユー』(83)で劇場監督デビュー。
主な監督作品に『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』(84)、『機動警察パトレイバー the Movie』(89)、『機動警察パトレイバー 2 the Movie』(93)。
『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』(95)はアメリカ「ビルボード」誌セル・ビデオ部門で売り上げ1位を記録。『イノセンス』(04)はカンヌ国際映画祭コンペティション部門に、『スカイ・クロラ The Sky crawlers』(08)はヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門に出品された。
2016年、ウィンザー・マッケイ賞を受賞。最新作は、原作・総監督などを務めたTVシリーズ『ぶらどらぶ』(21)。

【著者紹介】
押井守 : 1951年生まれ。東京都出身。1977年、竜の子プロダクションに入社。スタジオぴえろを経てフリーに。『うる星やつら オンリー・ユー』(83)で劇場監督デビュー。『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』(95)はアメリカ「ビルボード」誌セル・ビデオ部門で売り上げ1位を記録。『イノセンス』(04)はカンヌ国際映画祭コンペティション部門に、『スカイ・クロラThe Sky Crawlers』(08)はヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門に出品された。2016年ウィンザー・マッケイ賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ムッネニーク さん

    78冊目『誰も語らなかったジブリを語ろう 増補版』(押井守 著、2021年8月、東京ニュース通信社) 宮崎駿監督や鈴木敏夫プロデューサーなど、ジブリ関係者とも親交の深い押井守だからこそ書ける、愛憎入り混じったジブリ解読書。 押井守流のロジカルな映画の読み解きは本書でも健在。 宮崎駿を「監督としては二流以下」、高畑勲を「クソインテリ」と切り捨てることのできる人物は押井くらいのものだろう。 鈴木敏夫との往復書簡はほぼBL。 「ずっと残って、次の子供たち、そしてまた次の子供たちを喜ばせ続けるんだよ。」

  • あまん さん

    作品の詳細は解説本というよりは、もっと根本的な作品制作の考え方についての再考本のようだ。宮崎駿の作品は一貫して矛盾を抱えているという主張は納得はできる。また、高畑勲についても辛辣であり、確かに、観念と現実の齟齬は否めない。ただ、宮崎駿は終わりを考えていないから破綻する。そして、高畑勲は結末から考えるからクソインテリなつまらない作品だとの評は矛盾していないか。各作品、あるいは各制作者について、正鵠を射た主張なのかもしれないが、押井守の断定調な口吻はなんとも好きになれない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

押井守

1951年生まれ。東京都出身。1977年、竜の子プロダクションに入社。スタジオぴえろを経てフリーに。『うる星やつら オンリー・ユー』(83)で劇場監督デビュー。『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』(95)はアメリカ「ビルボード」誌セル・ビデオ部門で売り上げ1位を記録。『イノセンス』(

プロフィール詳細へ

押井守に関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品