近現代日本史との対話 幕末・維新‐戦前編 集英社新書

成田龍一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087210644
ISBN 10 : 4087210642
フォーマット
出版社
発行年月
2019年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
494p;18

内容詳細

その時代を動かしてきた原理(システム)を分析することで、無関係に見える出来事がつながりを持って理解できる。
近現代日本の営みを物語のように楽しめる一冊。高校の新必修科目「歴史総合」にも対応!


【著者紹介】
成田龍一 : 1951年大阪府生まれ。歴史学者。日本女子大学人間社会学部教授。専門は、近現代日本史。早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • さとうしん さん

    日本近現代史の展開をシステムの交替という視点から読み解く。前編となる今巻は幕末から1930年代までの国民国家の形成、帝国主義化の達成、全体主義化の過程を追う。「万歳」の誕生、文明化と衛生・不潔観との関係など、近代化と身体性を結びつける記述が印象的。

  • ユウヤ さん

    通史の“通”にあたるものを、システムとそのもとでの人々の経験とし、システムA I、A II、B Iの途中までを著す。あらゆる分野に目配りされているが、特に大衆の経験とその変貌までを描いている箇所に興味を惹かれた。日露戦争後から大正期にかけて、かつての「通俗道徳」が人々を統合するための「国民道徳」に転化したこと、関東大震災時、かつて都市の民衆騒擾を行ってきた人々が、植民地の人々への攻撃を行ったことなど、帝国主義の時代(システムA II)が変質していく先に統制の時代システムB Iがやってくる必然性を感じた。

  • MrO さん

    改めて驚くことだが、明治から現代までの通史を一人で書くということが、とても珍しく、挑戦的な試みであることに気づく。社会全体のあり方をシステムととらえ、政治や文化、大衆の息遣いまで含めて、システムの変遷として歴史を記述する。現代に至る歴史を、明治から書き始めるのは、戦争が区切りではない、つまり、戦後から始めたのではだめだという著者の歴史観がある。下巻は、自分が育ってきた時代にあたるので、さらに楽しみ。

  • さだお さん

    本書は日本近現代史をA、B、Cの3つのシステムの移行として捉えて、歴史の構造性を示している。高校新科目「歴史総合」では、近代化・大衆化・グローバル化という3つの観点を手がかりに「私たち」を考えることになる。生徒たちが歴史を解釈し、意味づけ、批評していく上で、本書は大変参考になるだろう。印象に残ったところは、「デモクラシーであるがゆえに、戦争の時代に入り込んだ」という解釈。人びとの自発性に依拠した総動員体制が敗戦後どうなっていくか、後編に注目したい。

  • sas0334 さん

    歴史を社会システムの変遷として把握しようと試みた本。システムAT(維新期〜明治中期・国民国家の形成)→システムAU(明治後期〜大正期・帝国主義)→システムBT(昭和戦前期・総力戦体制)→…といった移り変わりを通して日本近現代史を概観する。Amazonの某レビューでも言われている通り教科書的な感じはあるが読み応えはある。巻末の参考文献も非常に充実している。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品