房総の縄文大貝塚・西広貝塚 シリーズ「遺跡を学ぶ」

忍沢成視

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784787710505
ISBN 10 : 4787710508
フォーマット
出版社
発行年月
2011年10月
日本
追加情報
:
21cm,93p

内容詳細

貝塚は縄文時代の生活を明らかにする宝庫。西広貝塚では直径150mの環状貝塚を全掘し、採集した全ての貝層を丸洗いして、そこに含まれている遺物全てを調べ上げた。そこから見えてきた縄文人の暮らしとは。〈受賞情報〉毎日出版文化賞企画部門(第65回)

【著者紹介】
忍沢成視 : 1962年千葉県船橋市に生まれる。早稲田大学大学院文学研究科考古学専攻修士課程修了。現在、市原市教育委員会・埋蔵文化財調査センター主査。1999年から貝製品研究に没頭。かつて趣味にしていたスキューバダイビングの経験をフルに活用、伊豆諸島をはじめ全国各地の海へ赴き現生貝調査をおこない、生物学的知見から考古学の課題に挑む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

忍沢成視

1962年千葉県船橋市に生まれる。早稲田大学大学院文学研究科考古学専攻修士課程修了。現在、市原市教育委員会・埋蔵文化財調査センター主査。1999年から貝製品研究に没頭。かつて趣味にしていたスキューバダイビングの経験をフルに活用、伊豆諸島をはじめ全国各地の海へ赴き現生貝調査をおこない、生物学的知見から

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品