妖たちの四季 妖怪の子預かります 3 創元推理文庫

廣嶋玲子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784488565046
ISBN 10 : 4488565042
フォーマット
出版社
発行年月
2016年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
317p;15

内容詳細

妖怪に花見に誘われた弥助と千弥。こっそりあとをつけた久蔵は…「春の巻」。屋敷に閉じ込めているせいで、ふてくされる甥の津弓をなぐさめようとした月夜公だったが…「夏の巻」。玉雪が栗山をもっている理由は?「秋の巻」。千弥と月夜公の過去の因縁の物語「冬の巻」。一般公募で選出された妖怪が登場する短編も収録。弥助と妖怪たちの心温まる交流を描く、人気シリーズ第三弾。

【著者紹介】
広嶋玲子 : 神奈川県生まれ。『水妖の森』で、ジュニア冒険小説大賞を受賞して2006年にデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • はな さん

    図書館本。春夏秋冬季節の中でのお話。春の花見の宴。久蔵さんかっこいい。男らしいなって思いました。初音に押しかけられたけれど、良い感じになりそうです。その後が知りたいところだなと思います。若かりし頃の月夜公と白嵐の話はどういった因縁があったのか、隠された真実が分かってほろりとしました。大切な人を思う気持ちが溢れていて、ますますこの世界に魅力を感じました。

  • ぽろん さん

    シリーズ3巻目。今回は、過去の千弥と月夜公の関係に、泣けました。そして、久蔵の恋の行方にも興味が湧いて、どの章もしみじみ読んだ。

  • 一華 さん

    三作目…春夏秋冬、四つの短編プラスおまけ。今回はみんなのwiki風お話でほっこり。お調子者で弥助の天敵の久蔵…意外にいい奴で、いいとこのボンボンゆえの人たらし〜初音姫を虜にするとはね〜津弓と梅吉コンビ。玉雪と安天。そして、なんといっても月夜公と千弥(雪耶と白嵐)の過去のいきさつ…もう、焦ったくなるくらいに似た者同士のふたり、意地を張らずに素直になったらいいのにね。最後のおまけ話…一般公募妖怪の忘も覚と出逢えてよかった。

  • すがはら さん

    玉雪の思い出話に出てきた男の子が印象的。あんな境遇でも優しい強い子だったんだね。千弥と月夜公の因縁話は少々…。幼い妄執から抜け出せない弟と「私が悪いの!」と逃げている悲劇に浸った姉に呆然となってしまいます。月夜公は親友の払った犠牲に気付いた風であったのに、津弓への接し方を見るに姉のことで己を反省したと思えないし。それでも白嵐が後悔していないなら、それで良しということか。最後の短編、忘にとられた記憶が戻って良かった。他の人達の思い出も返してあげて。

  • 積読亭まめウサ☆積ん読減らしたいのに増えてく さん

    春夏秋冬、それぞれの季節にあてはめた主要登場妖怪の短編集。千弥と月夜公の辛い過去が分かり、なぜ、あんなにいがみ合っているのかが明らかに。今巻も温かな気持ちになるよいお話でした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品