ふしぎ駄菓子屋 銭天堂 7

廣嶋玲子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784036356706
ISBN 10 : 4036356704
フォーマット
出版社
発行年月
2017年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
182p;19

内容詳細

よどみの差し金となった怪童は、紅子に果たし状を送り、菓子勝負をもちかける。そのルールとは「特別セール」と銘打って、たたりめ堂の商品を銭天堂におき、どちらのお店の菓子をお客が選ぶかというもの。はたして勝負の行方は? そして、紅子にむけられるよどみの憎しみの原因がこの巻で明らかにされる・・・。
巻末に、銭天堂のマスコット「墨丸」の絵日記つき。 

【著者紹介】
広嶋玲子 : 神奈川県生まれ。『水妖の森』でジュニア冒険小説大賞受賞

jyajya : 福岡県生まれ。モバイル事業を中心とした会社で、アプリ制作、コンテンツ制作、サイト運営に携わる。2011年にフリーデザイナーとして独立。CG会社でイラスト制作など、活躍の場を広げている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • KAZOO さん

    シリーズの7冊目です。宿敵の代理が出てきて主人公と対決をします。2勝2敗2引き分けと五分でした。あまり強くないのがいいですね。子どものお菓子なのでやはりどちらを選ぶかは大人の考えとはかなり違う結果もありますね。楽しく読ませてくれますがいつまで続くのでしょうね。また決着をどのように持っていくのかも気になります。

  • ゆみねこ さん

    楽しみにしているシリーズ、もう7巻になりました。たたりめ堂のよどみさんが、なぜ銭天堂の紅子さんを敵視するのかが明らかに。薄暗い路地にひっそりと佇む銭天堂、ふらりと行ってみたいけれど、凡人で小心な私には怖さが勝るので無理だなぁ。墨丸の登場が嬉しい!

  • hirune さん

    天獄園の怪童という胡散臭いおっさんに果たし合いを挑まれた紅子さん、今回は両方のお菓子を勧めてどちらをお客が選ぶかで勝敗を決めようという趣向。いつもは銭天堂の商品だけなのに、不幸な結果しか招かない天獄園のお菓子が選択肢に加えられたお客は気の毒だ。一人なんか反則気味に誘導されちゃったし^^;そしてもう よどみさんが出てくるの?短いなぁ、反省なんかしてないよね。よどみさんの生きがいが逆恨みなら、仕方ないのかな?迷惑なこっちゃ。。

  • ままこ (美白ベビーバージョン(*ΦωΦ*)/) さん

    銭天堂は運試しのお店。運試しとして幸運のお客様がどちらのお菓子を選ぶか『たたりめ堂』の商品と真っ向勝負。道理が通れば紅子さんもちゃんと勝負に出るんだな。『シェフ・ショコラ』自分達で選んでしまったとはいえ姉弟は不憫で可哀想だ。『餓鬼ニッキ』は今までにない意外な展開で良かった。

  • こみっくま🌿柳緑花紅 さん

    娘と楽しんでるこのお話。もう7巻とは@@例によって借りてきたらすぐに娘に先に読まれ^^;ネタバレされそうだったので慌てて読了。今回は宿敵「たたりめ堂」のよどみは身動きが取れない為、代わりに「天獄園」の怪童が紅子と対決をする。6人の人間達の欲望を満たすためそれぞれの不思議なお菓子が指南するが吉と出るか凶と出るか?対決の行方は?相変わらず世にも奇妙な系の6編。児童書的印象は否めないが楽しかった。『餓鬼ニッキ』の女の子アッパレ。こんな結末もあるんだ〜よどみとの戦いはまだまだ続くという感じ。次巻を楽しみに待とう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品