着たい服がある 4 モーニングKC

常喜寝太郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065165072
ISBN 10 : 4065165075
フォーマット
出版社
発売日
2019年07月23日
日本
追加情報
:
192p;19

内容詳細

SNS上で、意図せずロリータを着た動画が拡散してしまったマミ。さらにSNSのコメント欄には、マミの人間性を勝手に決めつけたような書き込みが。自分自身すらまだ「自分のこと」が分からないのに、他人から好き勝手に論評されることに動揺し、疲弊するマミ。そんなとき、ファッションマガジン「KERA」編集部の近藤から、マミは予想外の「ある依頼」を受ける。自分には不相応な、身の丈に合わない依頼だと一度は断るマミだが、近藤の「あなたの“身の丈”を決めるのは誰か。ネット上の人たちでも、家族でも、友達でもない。あなた自身だ」という言葉に、マミの心は揺れはじめる…。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • トラシショウ。 さん

    「あなたの「身の丈」はいつ誰が決めたんですか? 家族ですか? 友達ですか? あなたの事を知りもしないネット上の人達ですか?──人はどんな時に成長するか・・・背伸びをした時です」。介護施設のお別れ会で着ていたロリータ・ファッションをSNSで晒されてしまい、その言われなき中傷に悩むマミにKERA編集部の近藤がロリータ・ファッションのモデルを依頼する。その撮影に向けての準備と高校のバスケ部コーチボランティアを並行して行う慌ただしい日常の中で、マミに新たな、そして確かな「気付き」が訪れる(以下コメ欄に余談)。

  • 緋莢 さん

    介護施設での催しでロリータ服を着た時の動画をネットにアップされてしまったマミ。心ないものや、どんな人間か勝手に決めつけるようなコメントに怒りを覚える中、母親が口にした思わぬ一言に、少し救われたかな、と。「あなたの身の丈”はいつ誰が決めたんですか?家族ですか?友達ですか?あなたのことを知りもしないネット上の人たちですか?人は どんな時に成長するか…背伸びをした時です」モデルをしないか?と『KERA』編集部の近藤から依頼されたマミ。一度断ろうとするも、近藤にそう言われたマミ(続く

  • ジロリン さん

    とっくに読み終えていたのに、あまりに色々な物語が詰まっている巻で、中々レヴューがまとめられなかった。もう、この主人公・マミが顔を上げ真っ直ぐに〈前〉を向いて歩くカバー画が全てを語っている、でいいじゃん!と思えてきた。「本堂くんが『無意味』だっていう/その一歩を踏み出すこと自体に意味があるって言ってるの」…自分の好きなロリータ服を堂々と着ることで、自分の生き方を歩み始めたマミが眩しい(1巻のレヴューで「主人公が全然可愛くない」と言ってたマミが、どんどん可愛く見えてきたw)。恩人の過去が語れる次巻が楽しみ。

  • 毒餃子 さん

    中国ではロリータ服が流行ってるそうですね。文化的下地が気になりました。

  • ユウ さん

    え、次で最終巻!?次回予告に感想を全部もっていかれた気がします。それでも、これだけは言いたい。レンタルで読んでいましたが、この巻は手元に置いておきたいです。そして何か行き詰まった時に読みたいですね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品