北陸の縄文世界 御経塚遺跡 シリーズ「遺跡を学ぶ」

布尾和史

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784787712370
ISBN 10 : 4787712373
フォーマット
出版社
発行年月
2013年03月
日本
追加情報
:
93p;21

内容詳細

北陸西部の広大な金沢平野に、縄文時代の後期から晩期にかけて栄えた大集落があった。足の踏み場もないほどみつかった柱穴から当時の建物と集落を復元し、土器や石器、土偶、装飾品などの膨大な出土遺物の検討とあわせて、北陸の平野に生きた縄文人の社会に迫る。

目次 : 第1章 北陸の地で縄文を追う(御経塚遺跡の発見/ 最初の発掘 ほか)/ 第2章 御経塚遺跡にのこされたもの(豊富な出土土器/ 生業を語る石器 ほか)/ 第3章 チカモリ遺跡と環状木柱列論(チカモリ遺跡の衝撃/ 環状木柱列論への疑問 ほか)/ 第4章 御経塚遺跡の集落像(集落の構成/ 集落の移り変わり ほか)/ 第5章 御経塚遺跡の今

【著者紹介】
布尾和史 : 1970年生まれ。明治大学文学部史学地理学科考古学専攻卒業。財団法人石川県埋蔵文化財センター、野々市町(現、野々市市)教育委員会文化課などで勤務。現在、石川考古学研究会会員。専門は日本考古学、北陸の縄文時代(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 月をみるもの さん

    抜歯した土偶みてみたい

  • やま さん

    ちょっと思い出のある遺跡です。北陸の縄文遺跡、もうちょっと注目されてもいいような気がします。

  • 陸 さん

    図書館。発掘までの流れ、出土品、住居の分類と比較。縄文土器って美しい。発掘して残してくれた先人たちに感謝です。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

布尾和史

1970年生まれ。明治大学文学部史学地理学科考古学専攻卒業。財団法人石川県埋蔵文化財センター、野々市町(現、野々市市)教育委員会文化課などで勤務。現在、石川考古学研究会会員。専門は日本考古学、北陸の縄文時代(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品