りんごです

川端誠

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784579401918
ISBN 10 : 4579401913
フォーマット
出版社
発行年月
1984年09月
日本
追加情報
:
18×19cm,1冊

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • しゅわ さん

    【図書館】『いちご…』『バナナ…』の順番で読んでたので、今度の表紙は半分!?と娘とダブルでツッコミ。種あり、花あり、芯あり、皮むきあり…とさまざまに変化するリンゴを楽しみました。0歳児でも楽しめる一冊ですが、小学生の娘は 理科的な楽しみ方をしたみたいで…大きなお子さんでもクセになるシンプルさみたいですね♪ たくさんのリンゴがならんだページで「寿」リンゴが気になっていた娘です。

  • りーぶる さん

    りんご、芯だけになってもりんご。まだ娘はりんごを食べたことがない・・・。絵は鮮やかなので喜んで見ていましたが、理解はしていません・・・。(1歳0ヶ月)

  • nico さん

    赤ちゃん絵本かと思いきや、多分違う\(^o^)/ひねりが加えられているので、ちゃんと分かって面白いのは幼稚園くらいかな。あれもりんご、これもりんご。それもどれも??科学的でも哲学的でもある。けれど単純に面白い。川端さんは落語絵本で有名になったのかと思っていましたが、この絵本は初版が1984年!ロングセラーですね!

  • 刹那 さん

    そうだ!こんなんでも、こんなんでもりんごなのだ!

  • バニラ風味 さん

    「りんご」というと、「果物」という印象がありますが、実だけでなく、新芽も花も種も、み-んな「りんご」。りんごの実は赤色だけでなく、黄色や暗赤色もありますよ。お母さんが皮をむいてくれる、りんごの味はまた格別。この絵本を読んでから、りんごを食べると、またいっそう美味しくなりそうです。手頃な大きさも良いですね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

川端誠

1952年、新潟県上越市生まれ。絵本作家。作品に、『鳥の島』(第5回絵本にっぽん賞受賞)など多数。絵本作家ならではの絵本解説も好評(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品