東京は遠かった 改めて読む松本清張

川本三郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784620325798
ISBN 10 : 4620325791
フォーマット
出版社
発行年月
2019年03月
日本
追加情報
:
223p;19

内容詳細

中央と地方、格差社会、転落する男と女―。時代を超えて清張ミステリは読み継がれる。「東京」「昭和」「旅」「映画と小説」など、さまざまな角度からその魅力に迫る極上の松本清張ガイド。

目次 : 第1章 東京へのまなざし(初期作品に見る敗れゆく者たち―「西郷札」「或る「小倉日記」伝」/ 風景の複合―『Dの複合』『渡された場面』 ほか)/ 第2章 昭和の光と影(東京地図から浮かび上がる犯罪―『歪んだ複写』/ 昭和三十年代の光と影―『点と線』『砂の器』「声」 ほか)/ 第3章 清張映画の世界(ミステリを超えた物語―『砂の器』/ 戦後の混乱がもたらした事件―『ゼロの焦点』 ほか)/ 第4章 清張作品への旅(松本清張の「地方性」映画『張込み』の面白さ ほか)

【著者紹介】
川本三郎 : 1944年東京生まれ。評論家。著書に『大正幻影』(サントリー学芸賞受賞)、『荷風と東京』(読売文学賞受賞)、『林芙美子の昭和』(毎日出版文化賞、桑原武夫学芸賞受賞)、『小説を、映画を、鉄道が走る』(交通図書賞受賞)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • こばまり さん

    興奮したのは山梨贔屓であったという考察。甲府の地味な人造湖、千代田湖が登場する短編まであるとは恐れ入った。煮しめたような古本屋の前で、年端もいかぬ私に、ここに清張が来たんだよと小鼻を膨らませていた父の姿を思い出す。

  • 青雲空 さん

    清張論は既に先行が多い。本書の特色は映画ともいえる。清張映画は新旧36本というから驚く。 各社にまたがっているが、全集が出れば買うなあ。 チェックするとみていない作品も多いから。

  • chitotaka さん

    主に昭和20年〜30年代に書かれた清張作品と映画についての解説・エッセイ本。東京とは比較にならないほど文化的に遅れ、貧しい地方を舞台に書かれた作品が多い。ハッピーエンドなど皆無、謎解きが成されていても後味が悪い作品ばかり。戦後日本の影の部分が書かれた清張作品は当時大いに読まれ、次々と映画化されていったおかげで、今はなくなってしまった地方の風景も映像になって残り、歴史的資料としても貴重なものになっている。

  • 映画屋 さん

    今一度清張を読み直します。短編のみだけど。

  • kikizo さん

    松本清張の初期作品を解説してくれている。映画の解説もあり、読んだことない話や見たことのない映画もあり、興味を持った。「点と線」にほとんど触れていないのが、個人的には残念だが、あっという間に読んでしまった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

川本三郎

1944年東京生まれ。評論家。著書に『大正幻影』(サントリー学芸賞受賞)、『荷風と東京』(読売文学賞受賞)、『林芙美子の昭和』(毎日出版文化賞、桑原武夫学芸賞受賞)、『小説を、映画を、鉄道が走る』(交通図書賞受賞)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品