世界航路へ誘う港市 長崎・平戸 シリーズ「遺跡を学ぶ」

川口洋平

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784787707383
ISBN 10 : 4787707388
フォーマット
出版社
発行年月
2007年07月
日本
追加情報
:
21cm,93p

内容詳細

16世紀後半から17世紀、長崎・平戸は世界航路の結節点となり、海外貿易の町=港市として形成された。本書では最新の発掘成果から、世界にひらかれた港市のダイナミックな歴史に迫る。〈受賞情報〉毎日出版文化賞企画部門(第65回)

【著者紹介】
川口洋平 : 1969年、長崎市生まれ。西南学院大学文学部卒業。現在、長崎県教育庁学芸文化課主任文化財保護主事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • アメヲトコ さん

    長崎・平戸の発掘成果をオールカラーで分かりやすく解説した本。出島以前の外国人雑居時代の遺物として刃物で切断された牛骨が見つかったこと、長崎奉行所遺跡からワインボトルが出土したことなどはとても興味深く、文化交流の上では「食」というのは比較的ハードルが低いのかもしれないと思いました。

  • rbyawa さん

    f163、わりと九州の港というと大宰府と博多に言及している本も多いのですがここで挙げられていたのは平戸、確かに形状から見てそっちのほうがいかにも自然港。のちに長崎へと港が移されたのは政治的事情だろう、ということが言われていたんですが、外から来た人たちを管理する理由なんてのはあったんだろうなぁ(大宰府は受け入れ機関、博多は商人中心)。で、中にキリスト教関係のマリア信仰関連の品があったんですが、あー、これはまとめて破棄する時代があったからあんなに状態が良い形で残ってたのか、せめてもの自主廃棄だったのかもね…。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

川口洋平

1969年、長崎市生まれ。西南学院大学文学部卒業。現在、長崎県教育庁学芸文化課主任文化財保護主事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

  • なぜ日本人は幸福を感じられないのか? 物質的豊かさと便利さを実現したにも関わらず、なぜ日本人は幸福を感じられないのか。社会思想家の著者が資本主義の行き着く... |2015年10月19日 (月) 12:51
    なぜ日本人は幸福を感じられないのか?
  • ローマ社会における奴隷の実情を明かす 現在のイタリア人の40%は奴隷の子孫だと言われるが、当時の奴隷たちは愛人から医者まで様々な役割を果たしていた。奴隷な... |2015年06月10日 (水) 10:38
    ローマ社会における奴隷の実情を明かす
  • 貴重な記述を収録した『昭和天皇実録』 宮内庁が24年余りをかけて編さんし、天皇の御事蹟、日本社会を記述した『昭和天皇実録』。全19冊のうち、0〜12歳を収... |2015年06月03日 (水) 10:10
    貴重な記述を収録した『昭和天皇実録』
  • 人気のテレビ哲学番組を書籍化! テレビ放送のたびに話題を呼んだNHK Eテレの哲学トーク番組「哲子の部屋」が本になった『哲子の部屋』。人気哲学者が「... |2015年05月18日 (月) 17:16
    人気のテレビ哲学番組を書籍化!
  • 帝国憲法の成り立ちと意義を問う 歴史をひもとけば、大日本帝国憲法は、幕末明治の志士らが命を懸け勝ち取ったものであったことが見えてくる。帝国憲法の栄光... |2015年05月08日 (金) 17:52
    帝国憲法の成り立ちと意義を問う
  • お笑い芸人が作ったスゴイ日本史の本! 一度読むだけで、日本史の流れがすーっと頭に入って、忘れることがない奇跡の日本史物語『京大芸人式日本史』。芸人ロザン・... |2015年04月16日 (木) 14:19
    お笑い芸人が作ったスゴイ日本史の本!

おすすめの商品